logo_s

新宿のオアシス 名曲喫茶「新宿スカラ座」最後の日

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年8月31日
新宿のオアシス 名曲喫茶「新宿スカラ座」最後の日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

新宿小田急エース地下にある喫茶店「新宿スカラ座」が8月31日(月)をもって閉店する。1954年(昭和29)から61年続いた名喫茶の歴史が今、幕を下ろそうとしている。

奥のソファスペースから外を眺める。

奥のソファスペースから外を眺める。

打ち合わせをする人、読書をする人、軽食をとる人など様々。

打ち合わせをする人、読書をする人、軽食をとる人など様々。

8月31日の今日も、スカラ座は平常運転だ。店内には珈琲とタバコの香りが漂い、隅々まで行き届いた接客が気持ちよい。

入口付近にはバーカウンターと長テーブルがある。

入口付近にはバーカウンターと長テーブルがある。

まるで今日が最終日とは思えないが、「すみません、今日はもうブルーマウンテンの豆が品切れなんです」という店員の声と、惜しそうに店内の写真を撮る男性客の姿が、ほのかに終わりの気配を感じさせる。

名曲喫茶の冠を掲げ
新宿で61年

1954年(昭和29)に、初代オーナーの故・林秀樹さんが新宿区歌舞伎町で開業したスカラ座。以降、新宿のオアシスとして喫茶愛好家に親しまれてきた。イタリア・ミラノの歌劇場「スカラ座」から名前をとったその店内には、暖炉やステンドグラスが飾られ、歌舞伎町の中にあるとは思えない落ち着いた雰囲気を醸し出していたという。蔦の絡まる外壁で知られた姿は、海野謙四郎の著書『1970年の火刑』(宝島社文庫)の表紙で確認できる。

『1970年の火刑』(宝島社文庫)

『1970年の火刑』(海野謙四郎/宝島社文庫)

現在も、灰皿などにはスカラ座の店名とともに「名曲喫茶」と刻まれている。「名曲喫茶」とは、珈琲やタバコを楽しむだけでなく、クラシック音楽を流している店を指す。昭和初期から中期にかけて流行した喫茶業態で、レコードが高価でなかなか手に入らなかった時代に、気軽に音楽を嗜む場所として人気を博した喫茶店だ。スカラ座のほかにも渋谷の「名曲喫茶ライオン」や、阿佐ヶ谷の「名曲喫茶ヴィオロン」など、都内でもまだその姿を散見できる。

閉店を知り多くのファンが訪れているという。人気の「ブルーマウンテンNo1」は早々に売り切れてしまった。

閉店を知り多くのファンが訪れているという。人気の「ブルーマウンテンNo1」は早々に売り切れてしまった。

レアチーズケーキとアイスコーヒー。布製コースターには「スカラ座」の刺繍が。

レアチーズケーキとアイスコーヒー。布製コースターには「スカラ座」の刺繍が。

2002年末、歌舞伎町のスカラ座が閉店するとの報せはファンをおおいに悲しませた。しかし翌2003年に小田急エース地下で再オープンすると、歌舞伎町時代の家具や食器も一緒に引き継がれ、かつての面影を残す空間として再び多くの客に愛されてきた。

移転後は新宿駅直結の小田急エース地下へ。外観はすっかり変わったが、店内の雰囲気はかつての面影を感じさせる。

移転後は新宿駅直結の小田急エース地下へ。外観はすっかり変わったが、店内の雰囲気はかつての面影を感じさせる。

落ち着きがある赤いソファ。あらゆるところに絵画が置かれている。

落ち着きがある赤いソファ。あらゆるところに絵画が置かれている。

歌舞伎町時代からのマッチ。オペラ『椿姫』のワンシーンを描いたもので、映画『津軽じょんがら節』にも登場する。

歌舞伎町時代からのマッチ。オペラ『椿姫』のワンシーンを描いたもので、映画『津軽じょんがら節』にも登場する。

消えゆく名店の灯
最後の一杯を味わう

そんなスカラ座がついに閉店する。張り紙にはこのように綴られている。

2015年6月に貼られた閉店のあいさつ。

2015年6月に貼られた閉店のあいさつ。

平素格別のお引立を賜り厚く御礼申し上げます
さてこの度当店は八月三十一日をもって閉店させて頂くこととなりました
昭和二十九年四月の開店以来六十一年
皆様のご愛顧に厚く御礼申し上げここに閉店のごあいさつを申し上げます

二〇一五年六月
新宿スカラ座店主

「またひとつ新宿の灯が消えるなあ」と、白髪まじりの男性客が、笑いながら昔話に花を咲かせている。サードウェーブの波が訪れた東京で、深煎りで骨太な、日本の喫茶文化を継承する名店が、新宿から姿を消す。本日の営業は23:00までだ。新宿駅にお立ち寄りの際はぜひ、スカラ座で最後の一杯を。

関連記事

NEWS

  • 隅田川花火大会には何線で行く? 東京メトロ銀座線が...
    2017年7月7日
  • 粋な江戸土産〈新吉原〉が人気の西浅草「岡野弥生商店...
    2017年6月4日
  • ペーソス漂う東京感も進化 新作『MICHITONO...
    2017年5月17日
  • Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは...
    2017年5月13日
  • 若き写真家・奥山由之が写した35人の女優と東京 正...
    2017年4月27日

RANKING

  • no.1
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.5
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
PAGE TOP