logo_s

歌舞伎町の中心にホストのいる書店が誕生!“LOVE”をテーマに蔵書1000冊を目指す「歌舞伎町ブックセンター」(新宿区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2017年11月1日
歌舞伎町の中心にホストのいる書店が誕生!“LOVE”をテーマに蔵書1000冊を目指す「歌舞伎町ブックセンター」(新宿区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・写真_編集部

10月7日(土)、新宿区歌舞伎町に書店「歌舞伎町ブックセンター」がオープンした。カフェスペース「jumushono1kai」に併設する形でのオープンで、営業時間は17時までで、夜は引き続きカフェスペースのみの営業になる。

「歌舞伎町ブックセンター」外観。

「LOVE」をテーマにした約400冊の蔵書。「赤」、「黒」、「ピンク」にカテゴライズされている

“LOVE”をテーマにした400冊の蔵書は、「赤」、「黒」、「ピンク」にカテゴライズされており、赤は「情熱的な愛」、ピンクは「官能やファンタジーの愛」、黒は「ダークな愛」という区分けとのこと。表紙の半分を占める大きな帯には来店者がオススメのコメントを書くことができるという。蔵書は最終的に1000冊を予定している。

ホストとホステスが本を紹介

本と客の間に「ホスト(ホステス)」が介在し、その接客を通じておすすめの本に出合う、というシステムこそが「歌舞伎町ブックセンター」の大きな特徴だ。来店者には書店員が1対1で対応し、話の内容からその人にあった本を紹介してくれる。歌舞伎町で「ホスト」と聞くとホストクラブのそれを想像しがちだが、ここはあくまで書店。書店員はしっかりと本の紹介を行ってくれる。

ホスト書店員は来店者に対して、一対一で相談を聞きながら、本を紹介

本とサービスのスペシャリスト、ホスト書店員が勢ぞろい

ホスト書店員の霖太郎さんは大学で博士課程まで文学を学んでいたという経歴の持ち主。得意分野も異なる、バラエティに富んだ書店員が集う。

とはいえ、“LOVE”をテーマにした書店だけあって、恋愛相談をすることも可能だという。こうした、歌舞伎町という街の特性を活かした仕掛けが用意されているのも、オーナーである「新宿・歌舞伎町ホストクラブSmappa!Group」会長の手塚マキ氏の存在が大きいだろう。

そもそも、なぜホストクラブの会長が「本屋」という新業態に挑戦することになったのだろうか。

次のページ|「本を読まないホストに、心の幅を広げて欲しかった」

1 2

関連記事

NEWS

  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日
  • ライムスター宇多丸×土岐麻子の早稲田対談からトミヤ...
    2017年11月9日

RANKING

  • no.1
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    Supremeとギャルソンのロゴ&アイコンをグリッチ刺繍でカ...
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP