logo_s

店舗拡大!カストリ書房がこの夏お歯黒どぶ沿いに移転 新たに遊郭資料室もオープン(台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2017年8月9日
店舗拡大!カストリ書房がこの夏お歯黒どぶ沿いに移転 新たに遊郭資料室もオープン(台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・写真_編集部
アーカイブ室と喫茶ルーム

さらに新たな試みとして「遊廓・赤線アーカイブ室」が新設される。昭和33年に赤線防止法が施行されて以来、失われていく遊郭跡地。現地調査を行うことは年々難しくなり、今後は資料調査がメインになるだろうと渡辺さんは推測する。そしてそんな貴重な資料も、家族が捨ててしまったり、公共図書館でも所蔵の対象外だったりと、なかなかその価値が理解されづらいのが現状だ。

移転前の店内奥。赤いLEDが魅惑的。

さらに遊郭専門書店という特性により、店に集まる人々から遊郭関連の情報がたくさん集まってくるという。こうした生の情報を集約し、少部数や非商業出版の資料とともに、有料で閲覧できる資料室を開設する。

移転後は蔵書数もさらに増えそうだ。

もうひとつ最近の傾向として見られるのが、「本を買う」以外の目的で店にやってくる人たちの存在だ。

「あるとき暖簾をしまっていたら、『写真に撮りたいので出してくれませんか』と言われたんです。本を買うのではなく、その場所に行って写真を撮りたい、という人たちがたくさんいることがわかりました」

カストリ書房外観。白い暖簾がはためく。

白地に「カストリ」と書かれた暖簾は、確かに下町の街角に映える。“インスタ映え”という現象を身近に感じる話だが、それだけで帰ってしまうのも寂しいものがある。「何か買わなくても、お茶をできるようなちょっとした場所があればいいのかなと」。新たな店舗では読書喫茶ルームを新設している。

喫茶読書ルームとなる予定の部屋(改装前)(CAMPFIREプロジェクトページより)

席数2〜4席を予定。コーヒーと菓子を用意し、遊郭好きが交流する溜まり場としても機能させたいと考えている。

CAMPFIREでプロジェクト公開中

カストリ書房の立ち上げ時、CAMPFIREを活用してクラウドファンディングで開店資金を集めた渡辺さん。今回のアーカイブ室の新設に際しても、プロジェクト「カストリ書房が拡大!吉原遊廓跡に遊廓・赤線アーカイブ(資料室)をつくります」がスタートしている。支援可能な期間は8月7日(月)から8月30日(水)までで、本記事公開の8月9日(水)10時の段階で763,045円の支援金額を集めており、その注目の高さが伺える。

リターンには3000円の資料室1日利用券(コーヒー1杯付き)から、100000円の写真集『遊郭 紅燈の街区』の特別編集版にオリジナルプリントが付くものまで、幅広く用意されている。東京のみならず日本全国を見ても希有な遊郭専門書店、カストリ書房の移転をバックアップしたい人はプロジェクトへの支援も検討してみては。

吉原という場所の魅力

住宅街のなかに突如風俗店が立ち並ぶ街並みは、遠方から訪れた人には少しハッとする風景かもしれない。しかしその歴史や街の成り立ちを知れば、新たな街の輪郭が見えてくる。

「北には山谷、南には浅草。それぞれのカルチャーと繋がりやすいのも、吉原という場所の魅力だと思います」

日本橋の吉原が火事で焼けたあと、浅草の北に“新吉原”として誕生した新たな遊郭。男たちは隅田川から山谷堀公園の堀をのぼり、今も見返り柳の残る交差点から吉原大門をくぐった。まさにその地に誕生する資料室で、新たな遊郭史が編纂されていくのが楽しみである。

1 2

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP