logo_s

1日職場体験で鑑識活動や捜索、差押も 警視庁が学生向けインターンシップ募集(全区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2017年8月4日
1日職場体験で鑑識活動や捜索、差押も 警視庁が学生向けインターンシップ募集(全区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

警視庁で大学生や大学院生などを対象としたインターンシップを募集している。実施期間は2017年10月23日(月)から10月27日(金)の間で、募集は8月1日(火)から8月15日(火)まで。

本インターンシップは警視庁管内(東京都内)の各警察署で実施されるもので、午前9時から17時までの1日職場体験を受ける形だ。具体的には交番勤務やパトカー乗車、該当キャンペーン従事といったものから、鑑識活動や模擬捜索差押活動といった踏み入ったものまでと幅広い。内容は各署によって異なるという。

〈主な内容〉

・ 交番勤務体験
・ パトカー乗車体験
・ 鑑識活動体験
・ 警察礼式体験
・ 各種街頭キャンペーン従事
・ 防犯パトロール体験
・ 制服・装備品着装体験
・ 模擬捜索差押活動体験

警視庁によるインターンシップは、警察官採用試験の受験者が減少傾向にあることを見て昨年2016年に初めて実施された。採用予定人員は2000名(男性1700名、女性300名)で、例年それを越える合格者が生まれているものの、2010年にはおよそ3万人だった受験者は年々減少傾向にあり、2015年には約1万6千人に、昨年2016年には約1万5千人にまで減っている(警視庁「平成29年度警視庁採用サイト」より)。

若年人口そのものが減少していることも大きな要因だが、一般企業とは異なる実態が見えづらい職種だけに、こうした取り組みで多くの応募に繋げようという試みだ。

インターンシップに応募できるのは既に高校を卒業している学生で、大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生など。インターネットで申込後、抽選で採用となる。

なお、警察官採用試験の受験資格者は学生に限らず、35歳未満で大学卒業資格を有している者が対象だ。警視庁では各署ごとにミニインターンシップや採用相談会などを実施しているため、採用ページをこまめにチェックするといいだろう。

関連記事

NEWS

  • 「池袋ウエストゲートパーク」や「デュラララ!!」の...
    2017年9月8日
  • 国内初のInstagram Storiesメディア...
    2017年8月17日
  • 店舗拡大!カストリ書房がこの夏お歯黒どぶ沿いに移転...
    2017年8月9日
  • 1日職場体験で鑑識活動や捜索、差押も 警視庁が学生...
    2017年8月4日
  • 隅田川花火大会には何線で行く? 東京メトロ銀座線が...
    2017年7月7日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
  • no.5
    東京イチの危険地帯墨田区から考える東京の災害(後編)
PAGE TOP