logo_s

ペーソス漂う東京感も進化 新作『MICHITONOSOGU』はタフなヒップホップアルバムに:〈TOKYO HEALTH CLUB〉インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2017年5月17日
ペーソス漂う東京感も進化 新作『MICHITONOSOGU』はタフなヒップホップアルバムに:〈TOKYO HEALTH CLUB〉インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・インタビュー_高木"JET”晋一郎

──「supermarket」は、トラックの浮遊感はこれまでのTHCと近いイメージがあるけど、リリックは内省的だったり、自分の気持ちを書く部分があって。そういったパーソナルな部分は今までTHCは出してこなかったので、この曲も意外性を感じさせられました。

SIKK-O:ヒップホップのアルバムにしたかったから、そういった部分を出す必要があるなって。だから俺はこう生きていて、こう思ってるみたいな事も曲にしたほうが良いなと思ったんですよね。

JYAJIE:ちょっとこっ恥ずかしい部分もあるんですけど、あえてそれをラップにしてみて。

DULLBOY:ラップを通して言いたいことが出てきたんだとも思いますね。

SIKK-O:でも「俺はこう思うぜ!」じゃなくて、「俺はこう思ってるけど、そっちはどう?」っていうテンションですね。

──パーソナリティを出すことで、メンバーの個人としての部分も見えやすくなったし、THC像が立体化した感じがありますね。

TSUBAME:THCはやっぱり閉じてる部分もあると思うし、それは打破したい部分でもあるんですよね。

──その上で、これからの作品についてイメージは浮かびましたか?

SIKK-O:次がどうなるって事は全く考えてないっすね。

──威張って言うな、という感じでだけど(笑)。

SIKK-O:必死なんですよ、「いま」に(笑)。やっぱり、これからのライヴが楽しみですね。曲数やバリエーションが実際に増えたと思うし、いろいろ新しい展開も見せられればなって。

TSUBAME:他人の反応や目線を消化したりーーこう言われてるけど、とかーーして新しいイメージが浮かぶ事も多いので、今回も反応を受けてからまた新しい事を考えられたらなって。作品としてはヒップホップらしさを目指したけど、同時にコミカルとかサブカル、緩め、みたいな、今までのTHCのイメージを望むような人のシーンにも、ちゃんと食い込めるようなポジショニングが出来ればいいなって。

SIKK-O:「THC、ホントに大好きです!」みたいな人が増えたりすると嬉しいですね。そんな人がいるんだ!?とも思うし(笑)。

JYAJIE:共感を求めるような曲を作ってないのに、それでも好きですって言って貰えるのは面白いよね。「お前もヤバイんだな……」って。

SIKK-O:「お前も根暗か……」って。

──リスナーと傷舐めあってどうすんだ(笑)。

1 2 3 4 5

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.4
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP