logo_s

ペーソス漂う東京感も進化 新作『MICHITONOSOGU』はタフなヒップホップアルバムに:〈TOKYO HEALTH CLUB〉インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2017年5月17日
ペーソス漂う東京感も進化 新作『MICHITONOSOGU』はタフなヒップホップアルバムに:〈TOKYO HEALTH CLUB〉インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・インタビュー_高木"JET”晋一郎

──その意味でも、トラックの質感は硬質になってるけど、THC的なポップさや柔らかさもそこにちゃんとあるのが印象的で。リリックとしてもこの曲は全員、見せ場を作ってて、SIKK-Oくんの「泣くまで待とうが聴かす音飛び」は、リリックの構造と聴かせの塩梅がスゴく上手いし、DULLBOYくんの「結論言うとおれらは109 あなたの新たな煩悩さ」っていう部分はすごく独特なボースティングで、JYAJIEくんの「流星」から「三代目ならば志ん朝」って流れる部分はスゴく粋なリリックの流れになってて。

SIKK-O:ユーモアみたいな部分も、今まではひけらかし過ぎてたと思うから、今回は忍ばせ方を覚えた感じはあるかなって。面白いことを格好良く、スマートに言いたいって思ったのかも知れない。

──とは言え、アルバムの入り口が「お目にかかりたい/鍵かかった胸にかかるG」という非常にボンクラなリリックで始まってるのも、しょうがねえな、と(笑)。

TSUBAME:JYAJIEは胸ネタが多いよね。“東京Swingin’”の『あの子のBust No Gravity』とか(笑)。

SIKK-O:巨乳好きが出ちゃってるね。

JYAJIE:いやいや、デカい小さい関係なく、おっぱいは好きなんで。

──振っといてなんだけどどうでもいいわ(笑)。「TAXI」はメンバー3人がそれぞれ別の女性キャラクターを演じてるのも面白いですね。

SIKK-O:タクシーを題材にした曲が作りたいっていう前提があって、その上でDULLBOYが『乗客が俺らのライヴを見に来るっていうイメージにしたらいいんじゃない?』って。明確なストーリーテリングは今までやってなかったし、しかもそれを女性の目線で書いてみるのも、新しい方向性に進んでるこのアルバムに相応しいと思ったんですよね。だけど、最初に話合わないで作ったら、みんなやさぐれたOLみたいになっちゃって(笑)。

TSUBAME:女性のイメージ作りがヘタだったという(笑)。

SIKK-O:経験値が少ないんで(笑)。それで一人一人、どういう生活をしてる女の人なのか、みたいなことをちゃんと話し合って決めて、そのキャラクターになりきって構成していったんですよね。

DULLBOY:「女の子のことをあんまり分かってないのに、こういう内容を書くのってウケない?」っていう「なんちゃって」な部分もあるよね。MVをもし作ったら、僕らが女装して出てくるパターンとかも出来そうだし(笑)。

──THCのリリックは観念的ではなくて、イメージの浮かびやすい、状況を描くようなビジュアル的な側面がありますが、この曲はそれをもっと推し進めた内容になってると思います。そして、そのそれぞれの物語が、最後はTHCのライヴ会場に収斂するっていう群像劇的な構造がスゴく良く出来てるなと。

SIKK-O:DULLBOYがそこは纏めてくれて。というか、この曲になったらいきなりDULLBOYが仕切り始めて、誰よりリリックをちゃんと考え始めて。いつもは遅れてきた上にリリック書いてないようなやつなのに(笑)。

JYAJIE:来なかった時すらあったのに(笑)。

DULLBOY:責任感出たよね。

SIKK-O:美味しいところを持ってったという気もするけど(笑)。

JYAJIE:「CITY GIRL 2015」とは違う街の書き方もしてみたかったんですよね。アルバムでこれが一番最後に出来た曲だったよね。トラックも最後に上がって来て。

TSUBAME:色々出したんだけど、DULLBOYにボツにされたトラックもありつつ。オーダーがいつもキツイんですよね。『これは売れるみたいなの上げてこい』とか、『安心するトラック混ぜといて』とか。一番リリック書くのは遅いくせに!(笑)。

DULLBOY:でも、色々ボツにした挙句に出てきたトラックが最高だったから、メッチャいいじゃん!良い曲になるじゃん!って思ったよ。

 

次のページ

1 2 3 4 5

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP