logo_s

蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支えた浅草千束通り商店街「百貨の店 丸重」64年の歴史に幕 (台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2017年1月20日
蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支えた浅草千束通り商店街「百貨の店 丸重」64年の歴史に幕 (台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・写真_編集部

浅草寺のすぐそばに、ひさご通り商店街が南北に伸びている。さらに北上し、言問通りを挟んで始まるのが千束通商店街だ。およそ1キロの商店街が吉原付近まで続く。この周辺は江戸時代には稲作地として知られた千束村で、田園が広がっていた。明治期、東京市の成立によって浅草千束町へ変わり、さらに戦後の住居表示に関する法律の施行によって、現在は千束と浅草が隣接している。

千束通商店街。

千束通商店街。

その中ほど、浅草4丁目にある「百貨の店 丸重」が1月19日(木)をもって閉店を迎えた。1953年(昭和28)に開業し、寒天や蒟蒻の販売からスタートした商店は、訪れる客のリクエストを受けながら商品点数を増やし、日用品やペット用品、寝具など、5万点を越える品揃えを誇るまでに成長した。本館3階と別館のふたつのスペースを持ち、豊富な品揃えで下町の人々の生活を支えたスーパーが閉店した。

丸重本館。

丸重本館。

店頭には「ご自由にお持ちください」の箱が。

店頭には「ご自由にお持ちください」の箱が。

本館入り口。最終日には80パーセントオフセールが行われていた。

本館入り口。最終日には80パーセントオフセールが行われていた。

ほとんどの商品が売りつくされ、残りわずかとなっていた。

ほとんどの商品が売りつくされ、残りわずかに。

別館に繋がる裏通り。最終日、既に別館の営業は終了していた。

別館に繋がる裏通り。左手が本館、右手が別館。最終日、既に別館の営業は終了していた。

1月5日(木)の閉店発表と同時に閉店売りつくしセールがスタート。商品がなくなり次第閉店ということで、当初閉店日は明示されなかったが、店内在庫の売れ行きを見て、1月19日(木)に完全閉店することが店頭告知された。

店内に貼られた閉店のお知らせ。

店内に貼られた閉店のお知らせ。

次のページ:建物の老朽化と住環境の変化

1 2

関連記事

NEWS

  • “シモキタの味”復活しています 惜しまれつつ閉店し...
    2017年1月30日
  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによるレターセットも販売 ...
  • no.5
    岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“四十八手”をテーマに...
PAGE TOP