logo_s

街からハトが消えた? 8月10日ハトの日に浅草寺で何が起こったか

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年8月10日
街からハトが消えた? 8月10日ハトの日に浅草寺で何が起こったか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

8月10日はハトの日であるという。「8(ハ)」と「10(ト)」の語呂合わせは古くから一般的に使われてきたが、昨今では鳩サブレで知られる豊島屋がキャンペーンで大きく使用している。

東京でハトと聞いて思い浮かべるのが浅草寺である。「浅草寺 ハト」でグーグル画像検索をしてみると次のような画像が並ぶように、浅草寺の敷地や屋根にはハトがびっしりと鎮座している印象がある。

グーグル検索結果より

グーグル検索結果より

平和の象徴とも謳われるハトと、朱色の浅草寺のコントラストがなんとも美しい、いかにも日本らしい光景ではないか。そんなハトを求めて、ハトの日の今日、浅草寺を訪れてみた。

8月も半ば、観光客で賑わう浅草寺境内。

8月も半ば、観光客で賑わう浅草寺境内。

観光客で賑わう浅草寺。しかし、そこにハトの姿はなかった。

ハトらしいハトは見つからない。

ハトらしいハトは見つからない。

屋根の上にもハトの気配はない。

屋根の上にもハトの気配はない。

一体、ハトはどこへ行ってしまったのだろうか。

都市部に生息する
「ドバト」の被害

調べてみると、環境省はかねてから「ドバト被害防止」を訴えてきたことがわかった。ドバト(土ハト)とは、ハトのうち野外に生息するものを指す。奈良時代に中国から持ち込まれ、家屋で飼育されていたものが徐々に野生化し、エサの多い都市部に生息するようになった。

高度成長とともに、ドバトによる糞や鳴き声の都市部の被害は深刻化した。糞で衣類が汚れたり、悪臭がしたり、アレルギーが発生したりとその内容は様々。環境庁は1979年に狩猟鳥獣に加えることを国に対して提言するなど(結果は見合わせ)、様々な策を講じて来た。

2001年には環境省がドバト被害防止パンフレット「エサをあげないで!」を作成。条例化とは言わずとも、全国的にハトへのエサやりを自粛をするムードが高まったのである。

なくなった「はと豆」売り場
今もなお残る「鳩ポッポ」歌碑

かつて浅草寺には「はと豆」と大きく書かれたエサ売り小屋があった。乾燥トウモロコシと豆を混ぜたエサがビニール袋に入って売られており、購入して境内のハトにエサやりができた。しかしエサやり防止の動きを受け、浅草寺側は2003年に撤去した。

今、浅草寺とハトを結ぶのは、「鳩ポッポの歌碑」だけだ。はと豆小屋がなくなった今も、変わらず同じ場所に残っている。

浅草寺本堂前にある鳩ポッポの歌碑。

浅草寺本堂前にある鳩ポッポの歌碑。

ふくふくとしたハトの像が可愛らしい。

ふくふくとしたハトの像が可愛らしい。

「鳩ポッポ」は、「お正月」や「雪やこんこ」の作詞家としても知られる東くめが、浅草寺の境内でハトと遊ぶ子どもを見て歌詞を書いたもの。これに、東京音楽学校の後輩でもあった作曲家の滝廉太郎が曲をつけて、1900年(明治33)に完成した。当時の浅草寺の、ハトのいる穏やかな情景が浮かんでくる童謡だ。

この歌碑は、東がかつて浅草に住んでいたことに因み、1962年(昭和37)に建立された。正面には大きく「鳩ポッポの歌碑」とあり、歌詞が彫られている。

「ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」で知られる歌は童謡「鳩」(作者不明)であり、この歌とは別のもの。

「ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」で知られる歌は童謡「鳩」(作者不明)であり、この歌とは別のもの。

さらにこの歌碑には、浅草寺第24世貫首・清水谷恭順大僧正による次のような言葉が刻まれている。この言葉に、浅草寺とハトの関係が集約されているように思える。

「鳩は平和の象徴です。そのためにもこの碑は永遠に保存いたしたいものであります」

エサはやらない
ハトと共存するために

前述のパンフレットで、環境省は「エサをあげなくてもドバトが死ぬことはない」と訴えた。街にエサがなければ、ハトは本来食べるべき木の実や樹木の種子などを食べて自生するからだ。

唯一いたハト。

唯一いたハト。

今や浅草寺のハトは数えるほどしかいなくなったが、神社仏閣を歩く姿はやはり様になる。そもそも、ハトがこれだけ増え過ぎたのはハトだけのせいではない。かつての我々の、無責任なエサやりにも一因がある。ハトと共存していくために、我々もハトのように賢くなる必要がある。

関連記事

NEWS

  • 粋な江戸土産〈新吉原〉が人気の西浅草「岡野弥生商店...
    2017年6月4日
  • ペーソス漂う東京感も進化 新作『MICHITONO...
    2017年5月17日
  • Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは...
    2017年5月13日
  • 若き写真家・奥山由之が写した35人の女優と東京 正...
    2017年4月27日
  • 求むシモキタ物件情報! 下北沢の書店「本屋B�...
    2017年4月5日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    インスタ映えする器を探しにゆく 渋谷ヒカリエで「BASEでみつけるイン...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP