logo_s

世田谷区 広報誌でAR動画を使ったPRを試験的にスタート

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年8月3日
世田谷区 広報誌でAR動画を使ったPRを試験的にスタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

世田谷区が、区の広報誌として配布している「せたがや」内の誌面にて、AR(拡張現実)動画を導入したPRを試験的にスタートさせた。AR動画とは、スマートフォンやタブレットなどのカメラを活用し、印刷された専用のコードを読み取ることで、動画が閲覧できる技術として近年注目を集めているものだ。

「第37回世田谷区たまがわ花火大会」公式サイトより

「第37回世田谷区たまがわ花火大会」公式サイトより

今回「せたがや」で導入されたのは、2011年にヒューレットパッカード社グループのソフトウェア部門が開発したARアプリケーション「Aurasma」を活用した手法。この「Aurasma」はアパレルブランド・GAPや、Panasonic、毎日新聞などが活用したことでも知られている。

肝心の使い方はそこまで難しくはない。このアプリを自分のスマートフォンにダウンロードし、「せたがや」のアプリ内アカウントをフォローした上で、8月1日号の「せたがや」の1面に記載されている「第37回世田谷たまがわ花火大会」記事の題字をカメラでかざすと、実際に花火が打ち上げられている動画を観ることができるのだ。くわしい利用方法は、世田谷区公式サイト内のこちらのページに掲載されている。

「せたがや」は区内の自治体施設や書店、コンビニなどで配布されているが、PDFファイルがこちらからダウンロードできるので早速試してみたところ、動画は閲覧できたのだが、解像度が低いため迫力にとぼしく、これならばYoutubeで観たほうがいいんじゃないか……と感じてしまった。

しかし現代ではPCのない一般家庭も少なくない。実際に配布されている広報誌からスマートフォン経由でAR動画観る体験のおもしろさを通して、区が催事をPRする手法は新しいものだと言えるだろう。

試験的にスタートしたこの試み。第1弾では世田谷たまがわ花火大会がフィーチャーされたが、今後はどのような展開がされていくのだろうか。次号以降の「せたがや」を楽しみに待ちたい。

関連記事

NEWS

  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日
  • 現役メッセンジャーのヌードカレンダーが今年も登場!...
    2016年10月22日

RANKING

  • no.1
    Yogee New Waves、neco眠る、トクマルシューゴ、踊って...
  • no.2
    蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支えた浅草千束通り商店街...
  • no.3
    「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
  • no.4
    今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴八幡宮で金運を呼び込...
  • no.5
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
PAGE TOP