logo_s

世田谷区 広報誌でAR動画を使ったPRを試験的にスタート

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年8月3日
世田谷区 広報誌でAR動画を使ったPRを試験的にスタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

世田谷区が、区の広報誌として配布している「せたがや」内の誌面にて、AR(拡張現実)動画を導入したPRを試験的にスタートさせた。AR動画とは、スマートフォンやタブレットなどのカメラを活用し、印刷された専用のコードを読み取ることで、動画が閲覧できる技術として近年注目を集めているものだ。

「第37回世田谷区たまがわ花火大会」公式サイトより

「第37回世田谷区たまがわ花火大会」公式サイトより

今回「せたがや」で導入されたのは、2011年にヒューレットパッカード社グループのソフトウェア部門が開発したARアプリケーション「Aurasma」を活用した手法。この「Aurasma」はアパレルブランド・GAPや、Panasonic、毎日新聞などが活用したことでも知られている。

肝心の使い方はそこまで難しくはない。このアプリを自分のスマートフォンにダウンロードし、「せたがや」のアプリ内アカウントをフォローした上で、8月1日号の「せたがや」の1面に記載されている「第37回世田谷たまがわ花火大会」記事の題字をカメラでかざすと、実際に花火が打ち上げられている動画を観ることができるのだ。くわしい利用方法は、世田谷区公式サイト内のこちらのページに掲載されている。

「せたがや」は区内の自治体施設や書店、コンビニなどで配布されているが、PDFファイルがこちらからダウンロードできるので早速試してみたところ、動画は閲覧できたのだが、解像度が低いため迫力にとぼしく、これならばYoutubeで観たほうがいいんじゃないか……と感じてしまった。

しかし現代ではPCのない一般家庭も少なくない。実際に配布されている広報誌からスマートフォン経由でAR動画観る体験のおもしろさを通して、区が催事をPRする手法は新しいものだと言えるだろう。

試験的にスタートしたこの試み。第1弾では世田谷たまがわ花火大会がフィーチャーされたが、今後はどのような展開がされていくのだろうか。次号以降の「せたがや」を楽しみに待ちたい。

関連記事

NEWS

  • ライムスター宇多丸×土岐麻子の早稲田対談からトミヤ...
    2017年11月9日
  • 歌舞伎町の中心にホストのいる書店が誕生!“LOVE...
    2017年11月1日
  • 大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホ...
    2017年10月2日
  • 「池袋ウエストゲートパーク」や「デュラララ!!」の...
    2017年9月8日
  • 国内初のInstagram Storiesメディア...
    2017年8月17日

RANKING

  • no.1
    イヌイットアートの名著『イヌイットの壁かけ』愛蔵版刊行記念 浅草橋天才...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    渡辺洋一✕尾日向梨沙✕KIKIが語る制作秘話 スノーカルチャーマガジン...
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・林厚見と東京ピストル...
PAGE TOP