logo_s

原宿に佇む大正生まれのふたつの駅舎 原宿駅改良工事と宮廷ホームの今(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年7月8日
原宿に佇む大正生まれのふたつの駅舎 原宿駅改良工事と宮廷ホームの今(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラスト_ルーカス・D・マーカス、文・写真_編集部
皇族専用の駅舎「宮廷ホーム」

山手線ホームから代々木方面を見ると、線路の途中に小さな駅舎が見える。これが皇族のみが使用できる「宮廷ホーム」だ。天皇、皇后、皇太后らが使用するお召列車と、それ以外の皇族が使用する御乗用列車が発着する駅として、1924年(大正14)の原宿駅移転とともに新設された。正式名称は「原宿駅側部乗降場」であり、『お召列車百年』(1973年/著・星山一男)では「原宿宮廷駅」とも記載されている。

原宿駅山手線ホームから代々木方面にある、原宿宮廷駅。

原宿駅山手線ホームから代々木方面にある、原宿宮廷駅。

このホームを建設した目的は、療養のために日光の田母沢御用邸や神奈川の葉山御用邸へ向かう大正天皇の、貴重な交通手段としてであった。皇居からのアクセスを考えれば東京駅のほうがより近いが、御用邸への経路や、大井工場にあった御料車庫への回送なども踏まえると、原宿駅が便利だったとされている。

お召列車として多く使用されたC51形蒸気機関車。(写真はC51 201)

お召列車として多く使用されたC51形蒸気機関車。(写真はC51 201)

この「宮廷ホーム」が改良の対象となるか否かについては、JR東日本の発表のなかには記載がなかった。本件についてもJR東日本広報部に問い合わせてみた。

「宮廷ホームは2001年5月まではお召し列車の発着場として使用されていましたが、それ以降は使われていません。原宿駅の改良工事と関連して、移転や保存などが行われるかどうかについては、現時点では具体的な予定はありません」

原宿駅と同様、現時点では未定。大正時代に生まれたふたつの駅舎の行く末は、今のところ未定なのである。

「皇族駅」と呼ばれたホームの今

現在、今上天皇が利用するのはもっぱら東京駅であり、宮廷ホームはほとんど使用されていない。前述のJR東日本広報部の話にもあったように、2001年5月からは使われていないのが現状だ。

かつてこの場所に車を付けて昇降した。

かつてこの場所に車を付けて昇降した。

大正天皇の崩御後、昭和天皇の代にも宮廷ホームは継続して利用された。『わたしの原宿』(2002年/著・家城定子)によると、太平洋戦争前は天皇が“現人神”とされていたため、宮城(皇居)から車で原宿に向かう沿道の家々は洗濯物を干すことはできず、外を見ることもできなかったという。『わたしの原宿』には、千駄ヶ谷小学校の児童であった著者が、気をつけをして直立不動の姿勢で見送りを行った様子が描かれている。そしてこの原宿宮廷駅のことを、著者は「皇族駅」と呼んでいたという。

塀の向こうに覗く小屋。

塀の向こうに覗く小屋。

今、原宿駅のホームからその姿を確認することはできても、その内部に立ち入ることはできない。側道から中を覗くことも難しいが、かつての駐在小屋だろうか、塀の上に小さな屋根が顔を覗かせている。かつて原宿の人たちに「皇族駅」と呼ばれ、歴代の天皇や皇族を迎え入れた小さな駅は、今は静かに明治神宮の方角を向いて佇んでいる。

建て替えの必然性と歴史的価値

オリンピック東京大会の実施にともなう建て替えで、東京の景色は日々変わる。それを憂う声も多いが、都市型地震の可能性をおおいに秘めた東京では、経年劣化による建物の倒壊危険度が年々高まっており、耐震補強や建て替えの声があることもまた事実だ。

また、1日平均73,733人が昇降する原宿駅(JR東日本「各駅の乗車人員 2015年度」より)では、ゴールデンウィークなどの繁忙期には多くの人で混み合い、入場規制を設けることもあるという。駅舎の前の歩道はさほど広くはない。昇降客が車道に飛び出してしまう危険性を鑑みれば、新しい駅舎への建て替えは必然ともいえる。

ホームの向こうに立つ「原宿駅」の看板。

ホームの向こうに立つ「原宿駅」の看板。

駅舎が完成した大正期と現代では、人々の生活様式も、街のスケールも変容した。そのなかにあって、昔と今を繋ぐ建築物の存在はとても貴重だ。ただスクラップアンドビルドを繰り返すのでなく、歴史価値を認めていかに保存するか。東京のこれからの街づくりをどう行っていくか、正しい判断と知見が求められている。

1 2

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP