logo_s

銀座で梅酒と味わう大人のクレープ 東急プラザ銀座に外苑前「PÄRLA」が出店

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年3月30日
銀座で梅酒と味わう大人のクレープ 東急プラザ銀座に外苑前「PÄRLA」が出店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

東急不動産グループが手掛ける大型商業施設「東急プラザ銀座」が、2016年3月31日(木)にオープンする。銀座の数寄屋橋交差点前、かつてモザイク銀座阪急(旧・数寄屋橋阪急)があった場所だ。地下2階から地上11階までの13フロアからなる巨大な建物が、外堀通り、晴海通り、みゆき通り、数寄屋橋通りに囲まれた3,766.73㎡という広大な敷地にそびえ立つ。

江戸切子をモチーフに取り入れた東急プラザ銀座。デザインだけでなく、フロア名にも「KIRIKO」の文字が覗く。

江戸切子をモチーフに取り入れた東急プラザ銀座。デザインだけでなく、フロア名にも「KIRIKO」の文字が覗く。

外苑前から銀座へ
大正レトロを感じる大人のクレープ

125店舗にのぼる店舗には、銀座初進出というキーワードが目立つ。海外からは「HUNTER」(ハンター)の旗艦店や、「GLOBE-TROTTER」(グローブ・トロッター)、国内では世田谷区三宿の「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE」、京都のアイスクリープショップ「ハンデルスベーゲン」などが銀座に初めて出店する。

数寄屋橋通りに面する「PÄRLA」もそのひとつだ。外苑前にあるクレープとショットの人気店が銀座に2号店をオープンする。外苑前の西洋風の造りを踏襲しながら、古き銀座の歴史を感じさせる“大正レトロ”を取り入れたデザインが施されているのが特徴的だ。

2号店も、外苑前と同じくテイクアウト専門店となる。

2号店も、外苑前と同じくテイクアウト専門店となる。

カウンターからはクレープを作る様子が見てとれる。

カウンターからはクレープを作る様子が見てとれる。

トリュフやキャビアなど、オリジナリティ溢れる素材を使ったメニューばかり。

トリュフやキャビアなど、オリジナリティ溢れる素材を使ったメニューばかり。

メニューは銀座オリジナルのものを用意している。「プリン・ア・ラ・モード」や「抹茶 甘酒マスカルポーネ」「柚子 山椒チョコレート」など、和の要素を取り入れたクレープが味わえる。外苑前の人気クレープ「薔薇と木いちご」も、少し和のテイストを加えてアレンジされているという。

オーダーごとにひとつずつ作られていく。

オーダーごとにひとつずつ作られていく。

カスタードプリン、フルーツを生クリームと合わせた「プリン・ア・ラ・モード」。

カスタードプリンと生クリームに、フルーツがアクセントの「プリン・ア・ラ・モード」1400円(税別)。

ショットも顕在
新たにコーヒーが登場

また、「PÄRLA」が女性だけでなく男性からも厚い支持を得ている理由が、ショットの存在だ。外苑前のオープン当初から「SHOT AND CRAPE」を提唱し、クレープのほかにアルコールメニューを用意した。甘いクレープとラムやワインなどのアルコールを組み合わせて味わうことで、これまでのスイーツとは一線を隠す大人の味を生み出したのだ。銀座では独立した隣のカフェーでオーダーできる。

左手にクレープ、右手にカフェーと、通り沿いにふたつのカウンターが並ぶ。

左手にクレープ、右手にカフェーと、通り沿いにふたつのカウンターが並ぶ。

外苑前のドリンクメニューがアルコールのみなのに対し、銀座ではコーヒーが追加されている。深煎りのコーヒーは、京都の「FACTORY KAFE工船」の豆を使って一杯ずつネルドリップで抽出される。

豆を挽き、ネルにセットして湯を注ぐ。「1杯淹れるのにだいたい6〜7分かかります」とシュンさん。

豆を挽き、ネルにセットして湯を注ぐ。「1杯淹れるのにだいたい6〜7分かかります」とマスターのシュンさん。

深みがありつつ飲みやすい口当たりのコーヒーは、KAFE工船ならでは。

深みがありつつ飲みやすい口当たりのコーヒーは、KAFE工船ならでは。

メニューには、オーナーが絶賛する梅酒「星子」とコーヒーがセットで楽しめる「カフェー銀座」も用意されている。

マッカランやベンリアックなど、星子以外のアルコールもラインナップ。

マッカランやベンリアックなど、星子以外のアルコールもラインナップ。

まるで杏のようなフルーティな甘みがしっかりと感じられる梅酒、「星子」。

まるで杏のようなフルーティな甘みがしっかりと感じられる梅酒、「星子」。

大人の街・銀座を彩る
新たな掛け算

銀座は大正期、関東大震災によって大きな被害を受けた。しかし復興後の発展はめざましく、都市整備とともに松坂屋、松屋デパートが開業した。日比谷には劇場街が増え、カフェー文化が花開き、後期には“モダンボーイ(モボ)”、“モダンガール(モガ)”と呼ばれる若者たちが街を行き交うようになった。

そんな時代の雰囲気を感じさせる「PÄRLA」。もし大正時代にクレープ店があったなら、と想像を膨らませながら銀座を眺めてみるのも楽しい。和とクレープ、そしてコーヒーと梅酒。新たな掛け算が、大人の街・銀座の楽しみをまたひとつ増やしてくれる。

関連記事

NEWS

  • 国内初のInstagram Storiesメディア...
    2017年8月17日
  • 店舗拡大!カストリ書房がこの夏お歯黒どぶ沿いに移転...
    2017年8月9日
  • 1日職場体験で鑑識活動や捜索、差押も 警視庁が学生...
    2017年8月4日
  • 隅田川花火大会には何線で行く? 東京メトロ銀座線が...
    2017年7月7日
  • 粋な江戸土産〈新吉原〉が人気の西浅草「岡野弥生商店...
    2017年6月4日

RANKING

  • no.1
    〈東京、視線の片隅で〉第3回「タバコ屋の兼業」
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    野方のコーヒースタンドは祭りでなく日常を目指す:〈DAILY COFF...
  • no.5
    〈フォトレポート〉2016.06.07 19:00 at 渋谷 宮下公...
PAGE TOP