logo_s

青山通りに香る世界各地のコーヒー キャッシュレスでオーダーできる「THE LOCAL COFFEE STAND」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年3月11日
青山通りに香る世界各地のコーヒー キャッシュレスでオーダーできる「THE LOCAL COFFEE STAND」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部
キャッシュレスで注文できる
「O:der」の導入

大槻さんと竹内さんが新たなコーヒーショップづくりを画策するなか、ちょうど出会ったのが株式会社Showcase Gigの新田剛史さんだった。同社はモバイルウォレットサービス「O:der」の企画開発と運営を行っており、様々な飲食店にサービス提供を行っている。

「新田さんは以前から『GOOD COFFEE』でコーヒーを定期購入していらしたんです。そういうご縁もあって、一緒にお店を作ることになりました」

「THE LOCAL」ではこの「O:der」を取り入れ、アプリ経由での事前決済を可能にしている。店に行く前にアプリ上でドリンクを注文し、決済を完了すれば、店に着く頃にはもう注文したドリンクが出来上がっているというわけだ。煩わしいカウンターでの支払い手続きが不要になる。

アプリを使わずとも、店舗に置かれたセルフオーダー端末を使って注文することも可能だ。もちろんカウンターでの現金決済にも対応している。

専用アプリにカード情報を登録しておけばOK。カスタマイズもアプリ上で行える。

専用アプリにカード情報を登録しておけばOK。カスタマイズもアプリ上で行える。

オーダー情報は壁の電光掲示板に表示される。アイコン付きでわかりやすい。

オーダー情報は壁の電光掲示板に表示される。アイコン付きでわかりやすい。

このシステムに気づかずカウンターでオーダーをする客も多い。まずはシステムの周知だと竹内さんは言う。「端末の位置を替えてみるとか、スタッフの案内も強化していきたいですね」。

店頭にあるセルフ端末。タッチパネルでオーダーする。

店頭にあるセルフ端末。タッチパネルでオーダーする。

青山通りで
10年続くコーヒー店に

オープン初日、店内にはコーヒーを待つ行列ができていた。店頭で様子を伺っていた人が「本日オープンです」の声につられて次々に入店する。店頭でエスプレッソマシンに向かう大槻さんは、オープンに先駆けてこんなことを話していた。

オープン初日を迎えた「THE LOCAL」。

3月10日、オープン初日を迎えた「THE LOCAL」。

「皆さん働いているから、10分かけてコーヒーショップに行くっていうことは難しいと思うんですね。例えばオーストラリアではあちこちにコーヒー屋さんがあって、自分の通勤の通り道にあるお気に入りのお店に行くんです。僕たちの店も、そういう風になってもらえたらと思っています」

カメラを握りながら店頭にいた竹内さんも、「忙しくてまだ『GOOD COFFEE』に情報をアップできていないんです」と笑った。目標は「いま2歳のぼくの子どもが、高校に入るまで続けること」。10年以上続くコーヒースタンドを目指して、「THE LOCAL」は青山通りにローカルの味を運ぶ。

IMG_5861

1 2

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    展示空間そのものにゲーム性を持たせた作品展 目白TALION GALL...
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP