logo_s

〈レポート〉14人の作家が見るドットの未来 中野pixiv Zingaroで「ピクセルアウト展」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年2月29日
〈レポート〉14人の作家が見るドットの未来 中野pixiv Zingaroで「ピクセルアウト展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中野区にある中野ブロードウェイの2階にある「pixiv Zingaro」で、「ピクセルアウト展」がスタートしている。会期は3月8日(火)まで。

ピクセルアウト展外観

pixiv Zingero「ピクセルアウト展」外観。

2月25日(木)に行われたオープニングレセプションの様子。クリエイティブ・ウォッカがふるまわれた。

盛況だったオープニングレセプション。クリエイティブ・ウォッカがふるまわれた。

本展は、イラストレーターのたかくらかずき氏が主催する展示イベント。自らドット絵を描くアーティストに声をかけ、総勢14名(自身も含む)の作品を集めた。

TOwebでは「ドットはノスタルジーの呪縛から逃れられるのか:『ピクセルアウト展』たかくらかずきインタビュー」(2016年2月19日)としてたかくら氏にインタビューを掲載した。この展示を行うに至った経緯や、たかくら氏のドットに対する考え方、ドットのこれから、そして参加作家についても語ってもらったので、ぜひそちらもお読みいただきたい。

なお本記事は、初日の2月25日(木)に行われたオープニングレセプションの様子だ。展示作品をいくつか紹介しよう。

「DOOR」作:マリヒコ

「DOOR」(作:マリヒコ)。iPhoneを多数使ってひとつの作品に仕上げている。ヒビ割れも作品の一部のよう。

「デジタルの眼差し Ver.2.5」作:鈴木一太郎(zero taro)。木箱×LED×眼という組み合わせが光る。

「デジタルの眼差し Ver.2.5」(作:鈴木一太郎/zero taro)。木箱×LED×眼という組み合わせが光る。

左から「NNN.01」 「NNN.02」「ANM.」作:安田昂弘。インクのみでドットの厚みを作り出している。

左から「NNN.02」「NNN.01」「ANM.」(作:安田昂弘)。インクのみでドットの厚みを作り出している。

会場内にはプリント、ドローイング、映像、そしてファミコンなどの実機を使用した作品など、作家それぞれが表現する様々な“ピクセルアウト”が形づくられている。

ファミコンの実機を用いた作品。実際にプレイすることもできる。

「MEGIO BROS」(作:奥田栄希)。ファミコンの実機を用いた作品。実際にプレイすることもできる。

「梨」作:二艘木洋行。立体作品も多く展示されている。

(「梨」作:二艘木洋行)。立体作品も多く展示されている。

作家による作品が購入できる物販も設けられている。

作家による作品が購入できる物販コーナーも。

また、3月5日(土)には2つのトークイベントが予定されている。ひとつは17時から行われる、中ザワヒデキ氏、都築潤氏をゲストに招いて行われる「ピクセルとデジタル絵のいままで」。もうひとつは、19時からのgnck氏、HouxoQue氏とともに送る「この先のピクセル、画面が光る神性」。たかくら氏も参加しながら、ピクセルのこれからを考えていく。

「光の国生み」(作:たかくらかずき)。1m✕2mの掛け軸。ドットのサイズ感やタッチがレイヤーごとに異なり、圧巻。

「光の国生み」(作:たかくらかずき)。1m✕2mの掛け軸。ドットのサイズ感やタッチがレイヤーごとに異なり、圧巻。

ドットやピクセルを使ったアートは、デジタルを基軸にした表現技法のひとつかもしれない。しかし、たかくら氏の考える“ピクセルアウト”はそうした領域を超えて、その他のカルチャーでも作用するように感じられる。過去のムーブメントがリバイバルという形で幾度も持ち込まれるなか、そうした強度ある思想が文化を更新していくのではないか。

一つひとつの作品をじっくりと眺めてみてほしい。インタビュー中でたかくら氏が「ドット絵=ノスタルジーじゃない」と言い切った、その答えが確かに見つかるはずだ。

関連記事

NEWS

  • 国内初のInstagram Storiesメディア...
    2017年8月17日
  • 店舗拡大!カストリ書房がこの夏お歯黒どぶ沿いに移転...
    2017年8月9日
  • 1日職場体験で鑑識活動や捜索、差押も 警視庁が学生...
    2017年8月4日
  • 隅田川花火大会には何線で行く? 東京メトロ銀座線が...
    2017年7月7日
  • 粋な江戸土産〈新吉原〉が人気の西浅草「岡野弥生商店...
    2017年6月4日

RANKING

  • no.1
    〈東京、視線の片隅で〉第3回「タバコ屋の兼業」
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    野方のコーヒースタンドは祭りでなく日常を目指す:〈DAILY COFF...
  • no.5
    〈フォトレポート〉2016.06.07 19:00 at 渋谷 宮下公...
PAGE TOP