logo_s

〈今日は何の日?〉嫉妬が生んだ悲劇ー1957年「美空ひばり塩酸事件」(浅草)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年1月13日
〈今日は何の日?〉嫉妬が生んだ悲劇ー1957年「美空ひばり塩酸事件」(浅草)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラスト_ルーカス・D・マーカス、文_編集部

政治、芸能、事件、スポーツなど、いつかの東京で起こった”その日”の出来事をご紹介。今日は何の日?

1957年1月13日、浅草国際劇場で歌手・美空ひばりがファンの少女から塩酸をかけられる事件が発生した。

事件が起こった1957年(昭和32)、当時19歳だった美空は歌舞伎役者・大川橋蔵とともに、台東区芝崎町(現・西浅草)の浅草国際劇場で「花吹雪おしどり絵巻」に出演していた。公演は1月6日から始まり、千秋楽の1月13日は満員の人であった。美空は最後の楽曲「ケ・セラ・セラ」を歌うため、ビロードのドレスを着て舞台袖で出番を待っていた。その時、舞台上にひとりの少女が駆け上がり、「ひばりちゃん」と声をかけた。美空が目を合わせた瞬間、少女は顔に目がけてビンに入った液体をふりかけた。美空は「キャーッ!」と叫んでその場にうずくまってしまった。一瞬の出来事だった。

この時少女を取り押さえたのは、浅草のブロマイド業者「マルベル堂」の専務、斉藤牛之助氏であった。

この時、周辺にいた大川やスタッフも軽症を負った。なお、少女を取り押さえたのは、浅草のブロマイド業者「マルベル堂」の専務、斉藤牛之助氏であったという。

ビンの中に入っていたのは300グラムの塩酸であった。顔や腕、胸元に火傷を負った美空は、近くの浅草寺病院に緊急搬送された。全治およそ3週間。ドーランを塗っていたことが幸いしたのか、傷はほとんど目立たず回復をみた。復帰は思いがけず早く、1月29日の大阪北野劇場での「ひばりの花ひらく歌声」であった。

浅草国際劇場は、1937年(昭和12)に開館した松竹が運営する劇場で、メインとなるのは松竹歌劇団によるショーであった。1982年(昭和57)に閉館し、現在、跡地には浅草ビューホテルが建っている。

1937年(昭和12)に開館した松竹運営の「浅草国際劇場」。松竹歌劇団によるショーで人気を博したが、1982年(昭和57)に閉館。跡地には「浅草ビューホテル」が建っている。

大人気スターの公演中に起こった事件とあって、新聞各紙がこぞってこの報を伝えた。少女の動機は”嫉妬”だった。犯人の少女は美空と同い年の19歳。郷里の山形県米沢から上京し、板橋区で住み込みの女中をしていた。美空の熱狂的なファンで、自室にもブロマイドを貼っていたという。少女は勤め先に「世の中がいやになった。死にたい」と書き置きを残し、上野駅で塩酸を買って犯行に及んだのだった。手にしていてた手帳には「ひばりちゃんに夢中になっている。あの美しい顔、にくらしいほど。みにくい顔にしてみたい」と書かれていた。それだけでなく「ひばりちゃん、ごめんなさい」との記述もあった。華々しく活躍する同い年の美空と自身の置かれた境遇との間に絶望を見たのかもしれない。

のちにルポライター・竹中労が『美空ひばり―民衆の心をうたって二十年』(1965年/弘文堂。のち朝日文庫『美空ひばり』、ちくま文庫『完本・美空ひばり』)の中で、事件から8年後の美空本人の回想という形でこのように記している。

「私は、こう思います。あの塩酸は私にではなく、ゆがんだマスコミの鏡の中の、“人気”という怪物に浴びせかけられたのにちがいないと。もしその娘さんが、潮来の水の上で泣いていた加藤和枝の、ほんとうの美空ひばりの涙をみていたら、けっしてあんなことはしなかっただろうと。おなじ一九歳の、その人と私との間に、暗く大きくひらいた距離に、私は慄然としました」

関連記事

NEWS

  • “シモキタの味”復活しています 惜しまれつつ閉店し...
    2017年1月30日
  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日

RANKING

  • no.1
    表参道で3日間限定の長場雄インスタレーション展 女性をモチーフにした等...
  • no.2
    LEDの点滅が結ぶテクノロジーと輪廻転生 SCAI THE BATH...
  • no.3
    冬の日本橋でひと足早いお花見を 「NIHONBASHI ILLUMIN...
  • no.4
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP