logo_s

〈今日は何の日?〉カメラが伝説のイカを捉えた日ー2013年「世界初・小笠原諸島父島でダイオウイカの映像撮影」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年1月6日
〈今日は何の日?〉カメラが伝説のイカを捉えた日ー2013年「世界初・小笠原諸島父島でダイオウイカの映像撮影」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

政治、芸能、事件、スポーツなど、いつかの東京で起こった”その日”の出来事をご紹介。今日は何の日?

2013年1月6日、小笠原諸島父島で生きているダイオウイカの映像撮影に成功した。

ダイオウイカは深海に生息するため、死骸として発見されることは多かったが、生きている姿を捉えることは難しいとされていた。2004年に国立科学博物館所属の海洋生物学者・窪寺恒己氏を中心とするグループが生きているダイオウイカの撮影に成功。その後窪寺氏は2006年に生きたままのダイオウイカを釣り上げるなど、その生態に迫った。

(NHKスペシャル世界初撮影! 深海の超巨大イカより)

深海を泳ぐダイオウイカ。その全長は足を含めると18mを超えるものもあるという。 (C)NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL(NHKスペシャル世界初撮影! 深海の超巨大イカより)

そして窪寺氏は2012年の夏から、アメリカの海洋生物学者のエディス・ウィダー氏、ニュージーランドのスティーブ・オーシェー博士とともに、有人潜水艇での調査と撮影の準備を進めた。小笠原諸島父島の東沖でおよそ100回、400時間に及ぶ潜行を行い、そして年が明けた2013年1月6日、世界で初めての撮影に成功したのである。

この映像は、同年1月13日の『NHKスペシャル』で放送された。番組はNHK、NHKエンタープライズ、アメリカのディスカバリー・チャンネルによる国際共同制作であった。

関連記事

NEWS

  • “シモキタの味”復活しています 惜しまれつつ閉店し...
    2017年1月30日
  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日

RANKING

  • no.1
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.2
    七尾旅人×ハラサオリ、柴田聡子×小暮香帆 歌と踊りが寄り添う一夜限りの...
  • no.3
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.4
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.5
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由
PAGE TOP