logo_s

〈今日は何の日?〉晒し首が廃止になった日ー1879年「明治政府太政官布告1号を交付」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年1月4日
〈今日は何の日?〉晒し首が廃止になった日ー1879年「明治政府太政官布告1号を交付」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラスト_ルーカス・D・マーカス、文_編集部

政治、芸能、事件、スポーツなど、いつかの東京で起こった”その日”の出来事をご紹介。今日は何の日?

1879年1月4日、明治政府が梟首(きょうしゅ)刑を廃止する太政官布告を交付した。

梟首刑とはすなわち晒し首のこと。打ち首のあと刎ねた首を獄門台と呼ばれる台に乗せ、3日間にわたり民衆の前に晒す公開処刑である。平安時代に始まったとされる死刑のひとつで、江戸幕府が刑罰のひとつとして取り入れた。死刑の執行やその後の処理は被差別階級の人々に任されることが多かったが、罪人を試し斬りすることで将軍家に納める刀の精度を試す「山田浅右衛門家」のような専門職も存在した。

罪人は丁寧に埋葬されることは少なく、予め掘った穴に遺体を落とし土をかけておく程度であった。

罪人は丁寧に埋葬されることは少なく、予め掘られた穴に遺体を落とし土をかけておく程度であった。

明治に入り西洋化が推し進められるなかで刑罰も見直され、まずは火刑、磔が禁止に。1879年(明治12)には梟首刑が廃止となった。この時点では晒し首が廃止となっただけで、斬首はまだ続行されていた。1882年(明治15)には新たな刑法が施行され、斬首は廃止となった。その後の死刑は絞首刑に絞られた。

梟首刑が実施された処刑場は日本各地にあったが、中でも有名な場所は現品川区南大井の鈴ヶ森刑場、および荒川区南千住の小塚原刑場の二箇所であったとされる。鈴ヶ森刑場跡には、今も罪人の首を塩水で清めたという「首洗いの井戸」や、火刑を行った柱の土台である「礎石」が残っている。

関連記事

NEWS

  • “シモキタの味”復活しています 惜しまれつつ閉店し...
    2017年1月30日
  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日

RANKING

  • no.1
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.2
    七尾旅人×ハラサオリ、柴田聡子×小暮香帆 歌と踊りが寄り添う一夜限りの...
  • no.3
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.4
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.5
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由
PAGE TOP