logo_s

〈今日は何の日?〉紅白の歴史はラジオから始まったー1951年「”紅白音楽合戦”放送」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年1月3日
〈今日は何の日?〉紅白の歴史はラジオから始まったー1951年「”紅白音楽合戦”放送」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

政治、芸能、事件、スポーツなど、いつかの東京で起こった”その日”の出来事をご紹介。今日は何の日?

1951年1月3日、第1回「NHK紅白歌合戦」が放送された。

大晦日の恒例行事ともいえる「NHK紅白歌合戦」。昨年末で第66回を記録した長寿番組だが、その第1回の放送はテレビではなくラジオで行われた。

千代田区内幸町にあったNHK東京放送会館(現・日比谷シティ)。1953年(昭和28)に日本で初めて地上アナログ放送を行った場所でもある。

千代田区内幸町にあったNHK東京放送会館(現・日比谷シティ)。1953年(昭和28)に日本で初めて地上アナログ放送を行った場所でもある。

前身となったのは、終戦を迎えた1945年(昭和20)の大晦日に放送されたラジオ番組「紅白音楽試合」であった。男女が白組と紅組に分かれて歌を競うという、現在の紅白歌合戦のスタイルがすでに完成しており、これは剣道の紅白試合をモチーフにしたものだった。当初の番組名は「紅白音楽合戦」であったが、GHQより「敗戦国が合戦(=BATTLE)とは何事だ」と指摘が入り、「試合」に改めたという。

番組は大きな反響を得たが、2回目を制作する予定はなかった。そのため、大晦日には別タイトルの音楽番組が続けて放送されたが、いずれも「紅白音楽試合」の人気にはおよばなかった。そして5年後、1951年(昭和26)に正月のラジオ番組として復活したのが、のちに「紅白歌合戦」となる「紅白音楽合戦」だった。当時はこれほどの長寿番組になることは予想されておらず、また第2回の予定もなかったことから、ナンバリングは行われていない。スタジオに300人の客を入れた、20時から1時間の生放送だった。

その後、第2回、第3回と正月にラジオ放送されたが、第4回から大晦日へと移った。この回からテレビの公開放送を行うことになり、収録場所として新たに選んだ有楽町の日本劇場(現•有楽町マリオン)の正月スケジュールが空いていなかったことが要因だった。これにより、今日まで続く大晦日での紅白歌合戦が定番化したのである。

関連記事

NEWS

  • “シモキタの味”復活しています 惜しまれつつ閉店し...
    2017年1月30日
  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日

RANKING

  • no.1
    表参道で3日間限定の長場雄インスタレーション展 女性をモチーフにした等...
  • no.2
    LEDの点滅が結ぶテクノロジーと輪廻転生 SCAI THE BATH...
  • no.3
    冬の日本橋でひと足早いお花見を 「NIHONBASHI ILLUMIN...
  • no.4
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP