logo_s

〈今日は何の日?〉紅白の歴史はラジオから始まったー1951年「”紅白音楽合戦”放送」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年1月3日
〈今日は何の日?〉紅白の歴史はラジオから始まったー1951年「”紅白音楽合戦”放送」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

政治、芸能、事件、スポーツなど、いつかの東京で起こった”その日”の出来事をご紹介。今日は何の日?

1951年1月3日、第1回「NHK紅白歌合戦」が放送された。

大晦日の恒例行事ともいえる「NHK紅白歌合戦」。昨年末で第66回を記録した長寿番組だが、その第1回の放送はテレビではなくラジオで行われた。

千代田区内幸町にあったNHK東京放送会館(現・日比谷シティ)。1953年(昭和28)に日本で初めて地上アナログ放送を行った場所でもある。

千代田区内幸町にあったNHK東京放送会館(現・日比谷シティ)。1953年(昭和28)に日本で初めて地上アナログ放送を行った場所でもある。

前身となったのは、終戦を迎えた1945年(昭和20)の大晦日に放送されたラジオ番組「紅白音楽試合」であった。男女が白組と紅組に分かれて歌を競うという、現在の紅白歌合戦のスタイルがすでに完成しており、これは剣道の紅白試合をモチーフにしたものだった。当初の番組名は「紅白音楽合戦」であったが、GHQより「敗戦国が合戦(=BATTLE)とは何事だ」と指摘が入り、「試合」に改めたという。

番組は大きな反響を得たが、2回目を制作する予定はなかった。そのため、大晦日には別タイトルの音楽番組が続けて放送されたが、いずれも「紅白音楽試合」の人気にはおよばなかった。そして5年後、1951年(昭和26)に正月のラジオ番組として復活したのが、のちに「紅白歌合戦」となる「紅白音楽合戦」だった。当時はこれほどの長寿番組になることは予想されておらず、また第2回の予定もなかったことから、ナンバリングは行われていない。スタジオに300人の客を入れた、20時から1時間の生放送だった。

その後、第2回、第3回と正月にラジオ放送されたが、第4回から大晦日へと移った。この回からテレビの公開放送を行うことになり、収録場所として新たに選んだ有楽町の日本劇場(現•有楽町マリオン)の正月スケジュールが空いていなかったことが要因だった。これにより、今日まで続く大晦日での紅白歌合戦が定番化したのである。

関連記事

NEWS

  • 粋な江戸土産〈新吉原〉が人気の西浅草「岡野弥生商店...
    2017年6月4日
  • ペーソス漂う東京感も進化 新作『MICHITONO...
    2017年5月17日
  • Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは...
    2017年5月13日
  • 若き写真家・奥山由之が写した35人の女優と東京 正...
    2017年4月27日
  • 求むシモキタ物件情報! 下北沢の書店「本屋B�...
    2017年4月5日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    インスタ映えする器を探しにゆく 渋谷ヒカリエで「BASEでみつけるイン...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP