logo_s

〈今日は何の日?〉38万人が押し寄せた一般参賀ー1954年「二重橋事件」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2016年1月2日
〈今日は何の日?〉38万人が押し寄せた一般参賀ー1954年「二重橋事件」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

政治、芸能、事件、スポーツなど、いつかの東京で起こった”その日”の出来事をご紹介。今日は何の日?

1954年1月2日、皇居一般参賀に集まった人々の間で将棋倒しが発生し、16人が死亡、65人が重軽傷を負った。

1954年1月2日、人が殺到する皇居周辺。

1954年1月2日、人が殺到する皇居周辺。

一般参賀は、終戦から3年後の1948年(昭和23)に始まった。事件の起こった1954年(昭和29)には38万人を越える人手を記録したが、これに対し警察官および宮中警備の数はわずか221名であったという。

通行整理が間に合わず、午後になると掘の上の橋は人で溢れかえった。二重橋では警官が整理用のロープをあげた途端に参賀者が殺到。一人の老婆が倒れ、それにつまづくように数十名が折り重なり、将棋倒しが発生した。こうして死者および重軽傷者が発生するほどの大事故が起こったのである。

事件のあった二重橋の様子。

事件のあった二重橋の様子。

痛ましい事故に、天皇・皇后両陛下から遺族や重軽傷者に対し見舞い品が贈られた。また、この責任をとり、警視庁と皇宮警察本部は責任者9人を処分。この教訓を活かして警備体制が強化されるようになった。『毎日新聞』は死亡者16名の生前の写真を掲載。「新しい振そで哀れ!」の見出しも悲しく踊った。

なお、本年2016年1月2日の一般参賀への参賀者の数はおよそ8万2千人とのことだが、近年は警察署および宮中警備による盤石な警備体制が敷かれ、入場規制とアナウンスによるスムーズな参賀が行われている。警備の少ないなかで38万人が押し寄せたことを考えると、当時がいかに過酷な状況だったかが伺い知れる。

関連記事

NEWS

  • “シモキタの味”復活しています 惜しまれつつ閉店し...
    2017年1月30日
  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由
  • no.2
    表参道で3日間限定の長場雄インスタレーション展 女性をモチーフにした等...
  • no.3
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    あかるいねこが駆けまわる 日本橋ドラッグアウトスタジオでとくながあきこ...
PAGE TOP