logo_s

「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年12月30日
「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

師走の慌ただしいなか、冬至の日の早稲田通りには毎年長い行列が出来る。歩道はほとんど人で埋まり、通行者は列を避けるように道路を歩いてゆく。これは一体何の列なのだろうか。

車道には大勢の警察官の姿が。道路は一部交通規制が行われる

車道には大勢の警察官の姿が。道路は一部交通規制が行われる。

JR高田馬場駅から東西線の早稲田駅へ向かうと行列が見えてくる。

JR高田馬場駅から東西線の早稲田駅へ向かうと行列が見えてくる。

由来は”打出の小槌”にあり
「一陽来復」のご利益

人々が求めるのは、穴八幡宮で授与される「一陽来復」だ。長さ15センチほどの白い筒状の紙でできたお守りで金銀融通のご利益があるとされ、これを求めて毎年多くの参拝客が訪れる。

「一陽来復」。数え方の単位は「体(たい)」。

「一陽来復」。数え方の単位は「体(たい)」。

金運を呼び込むとされる由来は、穴八幡宮に伝えられる「打出の小槌」による。723年(養老7)に聖武天皇が龍神から授かった福神で、これをもとに作られたのが「一陽来復」なのだという。この言葉は”陰極まって当時に一陽が生ずる”という中国の易経にちなんだもので、冬が終わり春が来る、悪いことが良いほうへ向かうという意味も込められている。

特に自営業を営む人や個人事業主にとっては、商売繁盛を祈願するための節目のイベントと捉えて、毎年参拝する人が多いようだ。

もうひとつのお守り
放生寺の「一陽来福」

また、神社の裏手には光松山放生寺という寺社があり、こちらでもお守りを授けている。こちらは「一陽来”福”」と文字が一字違っているのが特徴だ。起源は「一陽来復」と同じく中国の易経であり、そこに”授与された方たち全てに沢山の「福」が来るように”という願いを込めて最後の一文字を「福」としているという。

「一陽来復」とは形状がやや異なる「一陽来福」。

「一陽来復」とは形状がやや異なる「一陽来福」。

穴八幡宮の裏手にある光松山放生寺。

穴八幡宮の裏手にある光松山放生寺。

この習わしは江戸時代に始まったとされている。当時は神仏習合思想があり、穴八幡宮と放生寺は「光松山放生寺八幡神社」というひとつの社殿だった。1868年(明治元年)の神仏分離令によって寺と神社に分かれたが、このお守りを授ける風習はそれぞれの寺社に残ったのだ。

どちらかひとつしか選べない、というわけではないし、ふたつとも買わなければいけないというものでもない。ふたつの社寺を訪ねて、それぞれの案内をチェックしてみるのも面白いだろう。

 

次のページ:まずはお守りを手に入れる チャンスは冬至から節分の間

1 2

関連記事

NEWS

  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日
  • 現役メッセンジャーのヌードカレンダーが今年も登場!...
    2016年10月22日

RANKING

  • no.1
    Yogee New Waves、neco眠る、トクマルシューゴ、踊って...
  • no.2
    今年のバレンタインは猫×チョコ! クリエイター19名が参加する猫好き女...
  • no.3
    赤塚不二夫や安野モヨコのワンカップも登場! 日本酒を知る・観る・クリエ...
  • no.4
    蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支えた浅草千束通り商店街...
  • no.5
    今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴八幡宮で金運を呼び込...
PAGE TOP