logo_s

〈今日は何の日?〉元号は昭和ではなかった?ー1926年「光文事件」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年12月25日
〈今日は何の日?〉元号は昭和ではなかった?ー1926年「光文事件」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラスト_ルーカス・D・マーカス、文_編集部

政治、芸能、事件、スポーツなど、いつかの東京で起こった”その日”の出来事をご紹介。今日は何の日?

1926年12月25日、大正天皇が静養中の葉山御用邸で崩御した。1912年に第123代天皇として在位し、14年というわずかな期間ながら、民主化に湧く日本を見つめ続け、崩御後には「大正天皇」と追号された。2月7日に新宿御苑で大喪の礼が行われたのち、多摩陵(現・武蔵陵墓地)に埋葬。初めて東京に陵墓を作った天皇である。

崩御が午前1時であったため、新聞各誌はこぞって朝刊および号外でこの一報を知らせた。そのうち『東京日日新聞』(東京初の日刊誌。現・毎日新聞)の誌面に掲載されていたのが、「元号は光文」という文字であった。

日本における元号の始まりは、「大化の改新」(645年)で知られる”大化”とされている。

日本における元号の始まりは、「大化の改新」(645年)で知られる”大化”とされている。

その後、午前11時頃に東京市麹町区にある宮内省が新しい元号を「昭和」と発表した。これにより、『東京日日新聞』は誤報を流したとして世間の避難を浴び、編集主幹が辞任に追い込まれる騒ぎに発展した。

では『東京日日新聞』の記者は「光文」の情報をどこから得たのだろうか。当時、次の元号は宮内庁と内閣府によって考えられていた。「光文」は内閣府側が出した案に入っていたとされるが、元号の選出に関しては宮内省主導で進められており、すでに「昭和」「神化」「元化」の3案に絞って推敲を行っていた。さらに、枢密院議長・倉富勇三郎の日記によると、12月8日の段階で次の元号は「昭和」に決定していたとされている。25日の段階でその他の案がまだ検討されていることは考えにくい。

そのため、何者かが内閣府による古い元号案を覗き見て、正しい情報と勘違いしたのではというのが通説となっている。

なお、1989年1月7日の昭和天皇崩御に際し、『東京日日新聞』の後身である『毎日新聞』は、夕刊で「新元号は平成」の大きな見出しを掲載した。元号の掲載はどの誌面よりも早く、もちろん正確であった。63年を経て『東京日日新聞』の雪辱を晴らしたのである。

関連記事

NEWS

  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日
  • ライムスター宇多丸×土岐麻子の早稲田対談からトミヤ...
    2017年11月9日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    「東京防災」140円で一般販売決定! 11/16(月)より都庁および紀...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP