logo_s

都心でアイススケート! 東京ミッドタウンに期間限定スケートリンク登場

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年12月18日
都心でアイススケート! 東京ミッドタウンに期間限定スケートリンク登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

冬になると東京ミッドタウンから聞こえてくる滑走音。もはや六本木の名物ともいえる期間限定スケートリンクが、今年も芝生広場に登場する。日程は2016年1月6日(水)から3月6日(日)まで。

昼は真っ青な空の下でスケートが楽しめる。

昼は真っ青な空の下でスケートが楽しめる。

今年で7回目を迎える冬の恒例イベント。最大210人を収容できる都内最大級のリンクが人気で、昨年は約35,000名を動員したという。

東京都内のスケートリンクは、時代とともに次々と閉鎖されていった。東京オリンピックでボクシングの会場にもなった「後楽園アイスパレス」、品川プリンスホテルの「品川スケートセンター」といった人気のリンクは90年代初頭になくなり、通年のスケートリンクとしては明治神宮外苑の「明治神宮スケート場」と、新宿区高田馬場にある「シチズンアイススケートリンク」、江戸川区東篠崎の「江戸川区スポーツランド」が残るのみとなった。

後楽園アイスパレスは1971年に閉鎖。「黄色いビル」が1973年に建ち、スケートリンクが移設されたのち、1993年に閉鎖。現在はローラースケート場になっている。(PHOTO BY 呉)

後楽園アイスパレスは1971年に閉鎖。1973年、跡地に右手奥「黄色いビル」が建ちリンクが移設されたが、1993年に閉鎖。現在はローラースケート場になっている。(PHOTO BY

しかし近年、スケートの世界には新しいスターが次々と誕生している。これを見て興味を持つ子どもも少なくないが、前述のとおり、都心にはリンクが乏しく、なかなか体験する機会がないのが現実だ。気軽に参加できる六本木のスケートリンクで、滑る楽しさに触れてみるのも良いのではないだろうか。

17時から22時までは、周囲にイルミネーションが点灯。幻想的な雰囲気の中でナイトスケートを楽しむことができる。リンクの横にはスケート靴のままくつろげる休憩エリアもあるという。

イルミネーションを眺めながらのスケートもまた格別。

イルミネーションを眺めながらのスケートもまた格別。

カップルから家族連れまで、多くを受け入れるミッドタウンの大型リンク。都心で楽しめるウィンタースポーツとして、冬の行楽のひとつに加えたい。

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優が語る、2019年の...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP