logo_s

下北沢駅南口にリリー・フランキー氏デザインの新名所 「こいぬの木」誕生!

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年12月3日
下北沢駅南口にリリー・フランキー氏デザインの新名所 「こいぬの木」誕生!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真・文_編集部

下北沢駅南口近くの商業施設「Recipe SHIMOKITA」(レシピシモキタ)にモニュメント「こいぬの木」が誕生した。俳優、作家としても活躍するイラストレーター、リリー・フランキー氏がデザインを担当し、下北沢駅南口至近の新たな待ち合わせ場所として設置されたものだ。

モニュメント「こいぬの木」。カラフルな立体造形が目を引く。

モニュメント「こいぬの木」。カラフルな立体造形が目を引く。

台座部分は腰掛けられるようになっている。

台座部分は腰掛けられるようになっている。

「こいぬの木」と書かれた台座部分。

「こいぬの木」と書かれた台座部分。

下北沢にゆかりのある人々にとっては、かつてのテナントであった「ダイエー」や「グルメシティ」の印象もまだ色濃い場所だが、2011年からはレシピシモキタが開業し、衣料品販売の「ユニクロ」や生鮮食品を扱う「foodium」などが入店。多くの来客で賑わっている。

今回のモニュメント設置は、1日20万人以上が乗降する下北沢駅に、特定の待ち合わせスポットがないことに注目して企画されたもの。レシピシモキタは下北沢駅西口から徒歩30秒という立地を活かし、新たな待ち合わせスポットとして活用されることを期待しているという。

リリー氏のデザイン案を立体化したもの。たくさんの「こいぬ」が顔を覗かせている。

リリー氏のデザイン案を立体化したもの。たくさんの「こいぬ」が顔を覗かせている。

デザインを担当したリリー・フランキー氏は、若い頃に下北沢で過ごしたことがあり、インタビュー集『下北沢ものがたり』(シンコーミュージック)にも登場したり、再開発見直しを訴える「Save the 下北沢」のポスターイラストを描くなど、下北沢に縁の深い人物として知られている。モニュメントの雲のイラスト部分は、制作現場に出向いたリリー氏の手で直接描かれたものだという。

 土台部分にはサインも。

土台部分にはサインも。

レシピシモキタでは「会いにきたくなる場所」としてイメージを展開。”シモキタ”を夢見て訪れる若者や、この街に暮らす人々、様々な人たちが訪れ、夢を叶えるために旅立って行く下北沢という街で、いろんな想いを持った人たちが集まれるようにという願いを込めたのが、この「こいぬの木」なのだ。

あああ

リリー氏によるイラスト(© VANCRAFT Co.,Ltd.

コンセプトでもある「会いにきたくなる場所」(© VANCRAFT Co.,Ltd.

下北沢駅付近は道も狭く、改札前は人でごった返している。人と会う際の目印として、駅を出て徒歩30秒という距離にあるこのモニュメントを利用しない手はないだろう。次のシモキタ待ち合わせは、この「こいぬの木」の下で。

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
PAGE TOP