logo_s

話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「315」がオープン

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年12月5日
話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「315」がオープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

清野とおるのマンガ『東京都北区赤羽』と、俳優・山田孝之が実際に赤羽に住んだ過程を撮ったモキュメンタリー作品『山田孝之の東京都北区赤羽』などの影響もあり、都内でももっとも注目を集める町のひとつとなった赤羽。昭和風情残るこの町に、新たなホテルがオープンし話題となっている。

©Tatsuya Noaki

©Tatsuya Noaki

2015年11月7日(土)にオープンした「ICHINICHI」は、「茶」をテーマにしたホテル。もともとは築45年の元美容院だった5階建てのビルを改装し、これまで地域のコミュニティとして赤羽の歴史に溶け込んでいた当地を新たな形で復興させることを目的につくられた。

ホテルの個室は「茶室」をコンセプトとし、箱根山テラスや西條クリニック等でJCDアワード銀賞/入選の実績のある建築家の会田友朗氏が手掛け、施工には地元北区のサンエス建設が担当。

また1Fに設けられたカフェバー「315」では、定番の日本茶をフルーツブレンドしたものやスパークリング抹茶、日本茶酒などを提供する。お茶のメニューは地元北区で親しまれている思月園と共同開発を行うなど、しっかりとローカルな歴史や店舗と向き合いながら、赤羽だからこそのサービスを志しているようだ。

カフェバー「315」

カフェバー「315」

気になるお部屋は、1名で宿泊するドミトリータイプのものと、2名用の個室、テラス付きで客室面積40平をほこるスイートルームの3タイプ。

1名用のドミトリータイプ ©Tatsuya Noaki

1名用のドミトリータイプ ©Tatsuya Noaki

スイートルーム

スイートルーム

外国人観光客はもちろん、今注目を集める赤羽の魅力にどっぷり浸かりたいという日本人客にも魅力的な「ICINICHI」。地域の住民たちの憩いのコミュニティスペースとしての機能も期待されており、赤羽の新しいホットスポットとして要チェックだろう。

関連記事

NEWS

  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日
  • ライムスター宇多丸×土岐麻子の早稲田対談からトミヤ...
    2017年11月9日
  • 歌舞伎町の中心にホストのいる書店が誕生!“LOVE...
    2017年11月1日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズベキスタンなどのアク...
  • no.3
    代官餅に舌鼓 438年を経て甦る現代の楽市「世田谷ボロ市」を歩く
  • no.4
    総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”とは 原宿&新宿のト...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP