logo_s

あまりの人気に即完売! 転売も… 社会現象を巻き起こす「東京防災」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年11月20日
あまりの人気に即完売! 転売も… 社会現象を巻き起こす「東京防災」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

今週のはじめ、2015年11月16日(月)に一般販売をスタートした「東京防災」が、小さな社会現象を巻き起こしている。店頭販売を行ったのは紀伊國屋書店(新宿本店)と新宿都庁内にある都民情報ルームの2カ所のみだったが、なんと即日で完売してしまったのだ。紀伊国屋書店では本日11月20日(金)に再入荷があるという。

「東京防災」(140円税込)。販売されるのは冊子のみとなる。

「東京防災」(140円税込)。販売されるのは冊子のみとなる。

オークションで取引される現状
金額は1000円未満

「東京防災」は税込み140円という価格のため、ひとりで数冊購入できてしまう。16日(月)の販売では、誰でも買えるようにという配慮のためか、購入数量に規制を設けていなかった。そのせいか、インターネットのオークションサイトでは転売が続出しているようだ。この動きは「東京防災」が配布された時点で既に始まっており、今回の販売でさらに加速している。取引されているのは配布されたキット本体と、本だけの2種類だ。

11月19日段階でのYahoo!オークション。「東京防災」で検索をすると多くの結果が出る。

11月19日段階でのYahoo!オークション。「東京防災」で検索をすると多くの結果が出る。

オークションサイトでの落札金額はおよそ1000円に満たない。大きな利益にはならないが、無料配布および140円という定価を考えれば大きく、また旬のアイテムとして引きは強いのだろう。

今後の対応は?
オンラインでは常に公開中

東京都では現在のところ、「東京防災」を追加発行の予定はないという。在庫がなくなったら終了してしまうのだろうか。まだ手元にないという方は、オンラインでPDFを公開しているので、そちらを活用するのもひとつの手だ。

大きな話題を呼ぶ「東京防災」。重要なのは手に入れることではなく、そこから防災への意識をきちんと持つことだ。一過性の話題に終らず、根ざした活用を期待したい。

関連記事

NEWS

  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日
  • ライムスター宇多丸×土岐麻子の早稲田対談からトミヤ...
    2017年11月9日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP