logo_s

ハチ公バス、美竹通りを走る 「夕やけこやけルート」が渋谷区役所仮庁舎へ

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年11月10日
ハチ公バス、美竹通りを走る 「夕やけこやけルート」が渋谷区役所仮庁舎へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区役所仮庁舎の新設にともない、渋谷を運行する「ハチ公バス」の「夕やけこやけルート」が変更になった。仮庁舎の運用が開始された10月13日(火)から、新たなルートでの運行がスタートしている。

ハチ公バス。ルート別にカラーは3種類ある。

ハチ公バス。ルート別にカラーは3種類ある。

ハチ公バスは渋谷区が2003年に始めたコミュニティバス。現在4ルートが運行しており、主に渋谷駅・渋谷区役所を起点としながら、文化総合センター大和田や恵比寿区民施設などの区内の施設へのアクセスをサポートしている。運営は、渋谷区が東急バス、京王バス、フジエクスプレスの3社に委託している。今回変更になったルートは東急バスの管轄だ。

仮庁舎前に新設された停留所「渋谷区役所仮庁舎前」。

仮庁舎前に新設された停留所「渋谷区役所仮庁舎前」。

バスの定員は20人と少ないが、一律100円という安価な乗車料金が人気の交通機関だ。今回の「夕やけこやけルート」のルート変更により、これまでバスの運行のなかった美竹通りをハチ公バスが通過することになる。

「夕やけこやけルート」

10月13日(火)から変更になる「夕やけこやけルート」(公式サイトより)

上記のように、従来の路線を活かしたまま仮庁舎の方面へのルートが増える形になる。

通りに残る
旧町名の面影

美竹通りの「美竹」とは、1962年(昭和37)の住居表示実施以前に使用されていた渋谷区の旧町名だ。これは宮益坂の中腹にある「御嶽神社」にちなんだもので、今では仮庁舎に隣接する美竹公園と美竹通りにその名残を残している。

宮益坂から階段を上った高台にある御嶽神社。夏には例大祭、初冬には酉の市と、賑やかな祭りが開催される。

宮益坂から階段を上った高台にある御嶽神社。夏には例大祭、初冬には酉の市と、賑やかな祭りが開催される。

余談だが、近隣にある宮下公園も、かつての町名「宮下町」の面影を残す名前である。かつてこの一帯に住んだ「梨本宮(なしもとのみや)家」の下方に位置したことからこの名前が付いた。そして梨本宮家の場所は、まさに現在仮庁舎が立っている場所なのである。

渋谷区役所の改修工事が完了する2018年まで、渋谷区民との縁が強くなる美竹エリア。史跡としての面影こそないが、片隅に残る町名を見つけるのも面白いのでは。お出かけの際は、ぜひハチ公バスで。

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP