logo_s

墨田区のアート拠点、吾妻橋「アサヒ・アートスクエア」 老朽化により閉館

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年11月5日
墨田区のアート拠点、吾妻橋「アサヒ・アートスクエア」 老朽化により閉館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

墨田区吾妻橋のギャラリー「アサヒ・アートスクエア」が、2016年3月をもって閉館することを発表した。なお、あくまで「アサヒ・アートスクエア」の閉館のみで、ビル全体の建て替え予定はないという。

台東区側から隅田川を挟み、墨田区を臨む。中央がアサヒビールタワー、右手に寄り添うのがスーパードライホール。

台東区側から隅田川を挟み、墨田区を臨む。中央がアサヒビールタワー、右手に寄り添うのがスーパードライホール。

「アサヒ・アートスクエア」は、リバーピア吾妻橋内スーパードライホールの4Fにある。隅田川に架かる吾妻橋から墨田区を臨む景色に見える、あの不思議な形のビルがスーパードライホールである。屋上に燃える炎「フラムドール(金の雲)」を配した設計は、フランスのデザイナー、フィリップ・スタルクによるものだ。

アサヒ・アートスクエア場内(公式サイトより)

アサヒ・アートスクエア場内(公式サイトより)

1989年、ビルの竣工と同時にオープンしたのが「アサヒ・アートスクエア」である。アートや音楽の創造と実験の場として、地域に根付いた活動を促進してきた。2007年4月からは、特定非営利活動法人アートNPOリンクとパートナーシップを結び、プログラムの開発や運営に取り組んできた。

閉館の理由としては、「築26年が経て、老朽化が目立ってきており、ここ数年はホールとして運営するにあたり、各所での修繕や機器の入れ替え等が頻発」している点にあるとのこと(公式サイトより)。現在スケジュールは1月まで埋まっており、閉館まではこれまで通りイベントが期待できそうだ。

墨田区のアート発信の場として貴重な存在だった「アサヒ・アートスクエア」。その閉館を惜しむ声は大きい。その後のスペース活用についても続報が待たれるところだ。

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP