logo_s

パンと歩く世田谷 TOmagazine特別編集『東京パンMAP 〜世田谷区編〜』発売中!

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年10月19日
パンと歩く世田谷 TOmagazine特別編集『東京パンMAP 〜世田谷区編〜』発売中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

10月3日(土)・4日(日)に、世田谷区池尻で開催されたパンの祭典「世田谷パン祭り」。TOmagazine編集部では『東京パンMAP〜世田谷区編〜』(300円)を制作し、販売を行った。

「東京パンMAP 〜世田谷区編〜」(300円)

「東京パンMAP 〜世田谷区編〜」(300円)。首から下げられる紐付き。

イベント終了後も多方面から販売希望の問い合わせをいただき、現在渋谷区神山町の書店「SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS」で300円(税込み)で販売中だ。

現在は「SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS」のみの取扱いだが、今後、書店やパン屋などでの取扱い店も順次増やしていく予定だ。このMAPについて、編集部からその見どころをお伝えしよう。

パン屋の宝庫、世田谷

話は7月に発売された「世田谷区特集号」の制作会議に遡る。今回は「世田谷感」というテーマで全体をまとめるため、「世田谷といえば?」と聞いて思い浮かぶトピックを出し合う形でネタ出しをおこなった。

その経緯の中で、早い段階から登場したのが「パン」というキーワードだった。世田谷を見ると、三宿、三軒茶屋、成城など、どの地域にもパン屋が多く存在する。ショーケースに並んだパンを指名して買うようなリテールベーカリーから、昔ながらのパン屋まで、その傾向は様々だ。

「世田谷区特集号」ではそんな世田谷区のパンについて、パンラボの池田浩明氏とともにまとめた企画「パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜」を収録した。TOwebにも同記事を転載しているのでぜひご覧いただきたい。

表はMAP。裏にはコラム

この本誌企画を見て、「世田谷パン祭り」の実行委員の方々から出店のお声がけをいただいた。「世田谷パン祭り」は世田谷区にある「池尻ものづくり学校」で毎年行われているパンの祭典で、昨年は2万人を動員したというパンの一大イベントだ。

本年、2015年の「世田谷パン祭り」会場の様子。日本全国のパン屋が集結する。

本年、2015年の「世田谷パン祭り」会場の様子。日本全国のパン屋が集結する。

せっかくなので編集部ならではのコラボグッズを……として制作したのがこのパンMAPである。イベントを終えても使える”読めるMAP”を目指し、TOmagazine編集部ならではのハイパーローカルな視点を活かし、世田谷区のパン屋を中心に取り上げた。

パンMAP表面には充実のパンコラム。

パンMAP表面には充実のパンコラム。

まず表面には21の世田谷パンコラムを掲載。淡島の「藤屋製パン」(TOweb「週3日しか営業しないパン屋 淡島交差点裏<藤屋製パン>のパンがおいしい理由」でも紹介)、世田谷生まれの「ホシノ天然酵母」、太子堂に生まれたコーヒー&ジャム専門店などなど、世田谷のパンにまつわる情報をギュッと詰め込んでいる。

パンMAP裏面はもちろんMAP。トイレに貼るのがおすすめ。

パンMAP裏面はもちろんMAP。トイレに貼るのがおすすめ。

裏面には大きく描かれた世田谷区の地図をイラストで配置し、パン屋情報を点在させた。MAPは袋付きで、付属の紐を付けて首からぶさ下げることができる。紐の長さを調節すればカバンにぶらさげることも。それぞれお好みでアレンジして使っていただきたい。

自分で完成させる地図

MAPに掲載しているのは編集部おすすめのパン屋の数々であるが、あくまでここに掲載されているパン屋はほんの一部だということも言い添えておきたい。パン屋は個人経営で、かつ相当なハードワーク。また地元の人に食べてもらいたい、という気持ちで粛々と営業をされているお店が多いため、取材や掲載は行わないという姿勢を貫くお店も多いのだ。

ぜひこのMAPを頼りに世田谷を歩いていただき、発見したパン店を書き込んで、自分だけのMAPを作ってみてほしい。

購入希望の方は「SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS」までお問い合わせを。取扱いをご希望の方は当編集部までご連絡を。

<訂正とお詫び>
記事公開時、「青山パン祭り」での販売を行う旨の記載がありましたが、こちらは誤りでした。訂正してお詫び申し上げます。(2015年10月24日)

関連記事

NEWS

  • “シモキタの味”復活しています 惜しまれつつ閉店し...
    2017年1月30日
  • 蒟蒻の販売から5万点の品揃えに 下町の暮らしを支え...
    2017年1月20日
  • 2017年も変わり続ける東京の風景 浅草花やしきB...
    2016年12月31日
  • 今年も「一陽来復」の季節がやってきた 西早稲田の穴...
    2016年12月20日
  • 「中目黒 蔦屋書店」や注目の新業態、関東初出店など...
    2016年11月23日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.4
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由
  • no.5
    〈フォトレポート〉2016.06.07 19:00 at 渋谷 宮下公...
PAGE TOP