logo_s

都心の「副業メシ」を実態調査! vol.2:本郷の花屋兼レストラン「フローリストKT」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年11月16日
都心の「副業メシ」を実態調査! vol.2:本郷の花屋兼レストラン「フローリストKT」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
取材・文_加藤ジャンプ/写真_阪本勇

政府が発表する様々な指標とは裏腹に、一般庶民にとっては具体的な景気回復の実感が持てない日々が続く今日この頃。そんな中、本業の傍ら、自慢の腕をふるって絶品料理を提供する個人商店が増えている。アッと驚く大胆な「二刀流ビジネス」を展開する背景には何があるのか。そんな都心の「副業メシ」の実態を調査する連載、その第2回。

店の前の看板には「お花屋さんでお食事できます」の文字が。一体どういうことなのか?

店の前の看板には「お花屋さんでお食事できます」の文字が。一体どういうことなのか?

花屋で食事!
正直、においって大丈夫?

昼下がり。色とりどりの花に囲まれてカレーを食べる。スパイスと蘭の香りがまざる。真昼間から、いささか官能的ですらある。ムンバイあたりのIT長者の豪奢なランチのようだ。だが、ここは文京区本郷である。

_MG_2300

_MG_2305

そこは花屋なのである。本業、生花店。副業がレストラン。「フローリストKT」がその店の名である。KTは「奇麗な定食屋」のイニシャルではない。オーナーの塚田かずよさんの頭文字である。

「花屋のなかで食堂をやって、香りは大丈夫かな、って開店当初は随分心配したんですよ」

だが、意外な相乗効果があった。

「店で煮炊きするようになって、冬でも蘭やユリみたいな夏の花のいきおいがよくなったの。不思議ですよね」

ーーなるほど!

いやいや、ちがう。ほんとうに不思議なのは、なぜ花屋でレストランなのか、である。

「花屋は15年。レストランは6年。ぜんぶ流れでここまできました」

この方が

この方がオーナー兼シェフの塚田かずよさん。非常に話し上手で、とにかく明るい。

塚田さんの口調はテンポがいいのに、圧迫感はない。相槌がうちやすい。だから塚田さんの話しを聞いているとスプーンを運ぶ調子も軽くなる。「今日で煮込んで4日目」と言うカレーがすいすいと喉をとおりすぎる。ただ油断するとあぶない。辛味はかなりある。こっちが本業なのでは?と思えてくる。

「そもそも花屋だって始める気はなかったんですよ。ちょっとね、自宅マンションの中がね、花で一杯になっちゃって、花屋をやったほうがいいでしょ、って税理士さんに言われたのがきっかけなんです」

すぐに花で一杯の自宅が思い浮かんだ。

ーー不勉強ですみません。塚田さん、スター、なんですか?

「ちがいますよ。結婚前にフラワーアレンジメントの先生をやっていたんだけど、20年ほど前に友人の服飾デザイナーにたのまれて展示会のお花のアレンジをしたの。だんだん仕事が増えちゃって、家が花で埋まっちゃったんです。だったら花屋やれば、って税理士さんに言われて」

思いついたら即実行。塚田さん、本郷で花屋を開業した。そして本郷という土地が、副業へも導いていった。

次のページ:文京区本郷と花屋の関係

1 2 3

関連記事

NEWS

  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日
  • ライムスター宇多丸×土岐麻子の早稲田対談からトミヤ...
    2017年11月9日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    「東京防災」140円で一般販売決定! 11/16(月)より都庁および紀...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP