logo_s

異色のブックレーベル〈STRAIGHT〉が生み出す 珍奇植物の珍奇な図鑑

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
NEWS
東京のあらゆるカルチャーにまつわる最新情報をお届け。
2015年10月1日
異色のブックレーベル〈STRAIGHT〉が生み出す 珍奇植物の珍奇な図鑑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

今年3月に第1号を発刊したばかりの、植物図鑑を専門に発行するブックレーベル〈STRAIGHT〉。図鑑と言っても、いわゆる一般的にイメージされる図鑑とは一線を画す構成で、取り扱う植物は珍妙な形のものばかり。構成もなんだか一風変わっている。彼らはこの本を”読む図鑑”と定義しているという。

<STRAIGHT>第1弾となる『UNDERGROUNDS -CAPE BULB BOOK- FUMIO FUJIKAWA』。

<STRAIGHT>第1弾となる『UNDERGROUNDS -CAPE BULB BOOK- FUMIO FUJIKAWA』。

〈STRAIGHT〉は、編集者の川端正吾さんと、デザイナーの小宮山秀明さんの2名で運営する小さなレーベルだ。取材や企画は川端さんが、小宮山さんはデザイン全般を担当する。川端さんは『BRUTUS』の「珍奇植物」特集でも取材を行っており、表紙を飾ったのも上記のケープバルブという植物の一種だ。こうした珍奇(Bizarre)な植物(Plants)は、「ビザールプランツ」と呼ばれている。

川端さんが担当した『BRUTUS』珍奇植物特集。圧倒的な取材力と情報量でマニアも唸る出来映え。

川端さんが担当した『BRUTUS』珍奇植物特集。圧倒的な取材力と情報量で読み応え十分の一冊。

この突然の「珍奇植物」の襲来に、密かなムーブメントの予感を感じずにはいられない。現在、2015年10月4日(日)まで中目黒<BRICK & MORTAR>でショウケース「Bizarre Plants Showcase at BRICK & MORTAR」を展開中のおふたりに話を伺った。

図鑑ではこぼれ落ちてしまう、
アツいインタビューを
左が小宮山さん、右が川端さん。

小宮山さん(左)と川端さん(右)。この日はショウケース最終週の打ち合わせも兼ねていた。

小宮山:川端くんと最初に作った植物図鑑的な本は、2013年に出した『エアプランツとその仲間たち ブロメリアハンドブック』(双葉社)です。著書は栽培家の藤川史雄さん。様々なマニアックな植物に精通していて、中でもブロメリアを得意としている方。2号目は『ネペンテスとその仲間たち 食虫植物ハンドブック』(同)。こちらは食虫植物がテーマで、栽培の達人として知られる兵庫県立フラワーセンターの土居寛文さんのコレクションをたくさん掲載しています。

こうして大好きな植物の書籍制作に邁進するうち、もっと自由な図鑑を作ってみたくなったという。

川端:図鑑ってどうしても「この種は寒さに弱い。冬は15度以上に保って……」みたいなわりと簡潔な解説がベースになりますよね。でも実際に話を聞いている現場は、その100倍ぐらい熱い。「このグニャグニャしてる葉っぱが気持ち悪くてたまらないんだよ!」みたいな(笑)。

でも、簡潔な解説的な文章にまとめる際に、どうしてもその熱い部分が落ちていってしまって。その落とした部分が実は面白いのにもったいないなぁ、っていつも思ってたんです。わかりやすさばかりを求める解説でなく、なにかに夢中になっている人が、その発する言葉を追い越さんばかりの勢いで語り倒す時の、迫力とか熱量みたいなものをそのままに伝える図鑑があったらいいなって。

そういうテーマで作ったのが〈STRAIGHT〉なんです。植物の本でもあるんですけど、紹介したいのは著者でもあるんですよね。

ケープバルブの、そして栽培家である藤川さんの魅力が余すところなく詰め込まれた一冊。

ケープバルブの、そして栽培家である藤川さんの魅力が余すところなく詰め込まれた一冊。

 

次のページ:本は身近なところで売る ポップアップショップでは植物も販売

1 2 3

関連記事

NEWS

  • どこの街でも飲食店が出せるシェアストアサービス「O...
    2019年7月17日
  • 2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・...
    2017年12月19日
  • 渋谷で89×63ミリの小さな新聞『Silenced...
    2017年12月10日
  • シモキタの本屋B&Bが12月23日に移転...
    2017年12月7日
  • 東京メトロが昭和7年発行のスペシャル乗車券を復刻!...
    2017年12月1日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP