logo_s

“アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優が語る、2019年の「劇団唐組」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
“アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優が語る、2019年の「劇団唐組」
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2019年2月1日
“アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優が語る、2019年の「劇団唐組」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

60年代後半から70年代にかけ日本のカルチャー史に濃厚な足跡をのこした“アングラ”文化。展覧会や書籍、記録映像で、その表現に触れ影響を受けた方も多いだろう。当時の担い手たちには伝説的な大御所も含め、現役の作家やグループも数多い。そんな元祖“アングラ”の現場は、今も熱を帯びているのだろうか?
今回訪れたのは、高円寺駅、中野区大和町の「劇団唐組」アトリエ。1967年の「紅テント」での状況劇場の野外公演を皮切りに、寺山修司らとともに“アングラ演劇”の代表格として名をあげ、脚本・演出・役者のみならず文筆家としても知られる唐十郎が率いる劇団だ。根津甚八、小林薫、佐野史郎といった役者から、横尾忠則、篠原勝之、赤瀬川原平といったアーティスト、山下洋輔のような音楽家など、唐十郎の芝居に関わった表現者は枚挙にいとまがないが、紅テントは今も元気に稼働中。新宿・花園神社や雑司が谷・鬼子母神に年二回、内臓のように赤いテントが忽然と現れ、夜な夜な公演が行われている。異様な長ゼリフ、突飛な展開、不条理さを丸め込むアップテンポなリズム、薄汚れたような舞台美術、観客の掛け声に、テントを開いて路上に飛び出す役者たち……、唐十郎の戯曲からなるパワフルな唐組の芝居は、その内容こそ変わらないが、30年を経て世代交代をむかえようとしている。お話を聞いたのは、二人のベテラン劇団員。座長代行の久保井研氏と、看板女優の藤井由紀氏だ。

入れば意外と落ち着く「紅テント」

昨年秋の本公演『黄金バット〜幻想教師出現〜』より、藤井演ずる主人公・ブドリが長ゼリフを語る場面

── 私は時折紅テントに行くのですが、唐組の芝居で驚くのは、学生くらいの方からご年配まで、お客さんの年齢層がとても幅広いんですよね。

久保井:そうですね。最近は特にそうかもしれません。うちは昔からの常連の方も多いけど、若い人が増えています。何か魅力を感じてもらえてるんですね。

── テント芝居自体も、今では珍しいですよね。入ると、思いのほか素朴な活気があります。

久保井:黒テントさんももうやっていないし、大阪の野外演劇フェスティバルも無くなったし、大規模なテント芝居は、ごくわずかになりましたね。演劇って常にそうですけど、テント芝居は特に同じものはできない。雨や風もあれば、暑かったり寒かったりで、天候の影響が大きいんです(笑)。だからかは分からないけど、同じ公演のリピーターもとてつもなく多いですよ。

藤井:テントは、最初はちょっと尻込みするかもしれないけど、入ってみると賑やかで意外と落ち着きますよね。床は地面にゴザをしくだけだからお尻も痛いけど、一回必ず休憩を挟むから、意外としんどくないんです。

── 唐十郎さんのテント芝居が始まったのは、1967年の花園神社での状況劇場『腰巻お仙』から。

久保井:当時は画期的だったでしょう。「何もないところにパッと立てて、芝居を打ってパッといなくなるんだ」という美学を唐さんは語っていました。

── 久保井さんと藤井さんは、いつからこちらにいらっしゃるんですか?

久保井:もう30年になります。ちょうど前身の状況劇場の解散後で、それまで一時期使っていた下町唐座という小屋も止めて、新調したテントとともに「劇団唐組」を立ち上げた頃です。ぼくは大学で芝居と出会い、卒業してからも自分が一番面白いと思えるのが、唐さんだった。そこで新人募集に申し込んだんです。

藤井:私はそれより後ですが、気づけば干支を二周り。ハーメルンの笛吹き男みたいに、唐さんにひょこひょこついていったらこうなってました(笑)。

80年代までの唐十郎の記録を収めた『写真集 唐組 状況劇場全記録』(1982年PARCO出版・現在は絶版)

資料を振り返りながら語る久保井氏と藤井氏

── 唐さんは2012年に脳挫傷で倒れてから、舞台にはあまり姿を見せなくなりました。今はどのような状況なんでしょうか?

久保井:唐さんは退院して復活したものの、さすがに現場でフル稼動は難しいんです。ですが座長はあくまでも唐さんだし、唐さんあってのテントだと皆思っています。作り方は変わったところもありますけど、基本的なあり方は変わりません。

── たしかに、以前と変わらない熱気があるように感じます。

久保井:巷でテントを見つけた人が持つ印象も、そこまで変わらないでしょう。アヤシイ芝居が中で繰り広げられていて、見たら圧倒されて、何日かして同じ場所に行くともう無くなっているんです(笑)。

次のページ|“アングラ”はナイフのように心を刺す

1 2 3

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP