logo_s

〈フォトレポート〉世界のアートブックが天王洲アイルに 350組による東京の本の祭典「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
〈フォトレポート〉世界のアートブックが天王洲アイルに 350組による東京の本の祭典「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2017年10月7日
〈フォトレポート〉世界のアートブックが天王洲アイルに 350組による東京の本の祭典「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・写真_編集部
INTERNATIONAL SECTION, EXHIBITIONS

海外からの出展が特に多い「INTERNATIONAL SECTION, EXHIBITIONS」へ。一度外に出て別棟のエレベーターに乗る。

「Knust/Extrapool」。オランダ・ナイメーヘンに位置する、サウンド、アート、出版を手掛けるアーティストらが運営するスペース「Extrapool」と、「Extrapool」が運営する印刷所「Knust」。(I-019)

「Same Paper」。写真家のXiaopeng YuanとデザイナーのYijun Wangによる、上海に拠点を置くセルフパブリッシングスタジオ。(I-046)

「SUPER LABO」。2009年に設立された写真集専門の出版社。設立初期より海外のフェアに積極的に参加する。デザインとその品質には定評があり、これまでに2度、ADC賞を受賞。(I-008)

「Allied Forces Press」。カリフォルニアを拠点とする出版社。限定部数で刊行するミックスドメディアのアーティストブックや年刊誌『ALFA(the Allied Forces Annual)』、レア・アース・オブジェクトに焦点を当てている。(I-021)。

このフロアでは、奥のスペースで特設ブースが展開。「花椿の80年」では、今年で創刊80周年を迎える資生堂の企業文化誌『花椿』の軌跡を追うことができる。花椿の最新号も配布されている。

過去の『花椿』の表紙を鑑賞できる。合本でその中身も閲覧可能だ。

また、「GUEST COUNTRY vol.3 ASIA」では、中国、韓国、台湾、シンガポールにスポットを当て、それぞれの出版文化を紹介している。

ウォールごとに各国の出版物が並んでいる。

「BOOK DESIGN WORKS by TADANORI YOKOO」では、横尾忠則が装丁を手掛けた約250冊の書籍や雑誌がずらりと並ぶ。作品集や、インタビューが掲載された雑誌なども。

次のページ|IMA gallery

1 2 3 4 5

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP