logo_s

今日も店主はオペンと叫ぶ 代田5丁目の欧風カレー:〈YOUNG〉店主・梶原英徳インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
今日も店主はオペンと叫ぶ 代田5丁目の欧風カレー:〈YOUNG〉店主・梶原英徳インタビュー
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2016年12月29日
今日も店主はオペンと叫ぶ 代田5丁目の欧風カレー:〈YOUNG〉店主・梶原英徳インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インタビュー_武田俊・飯田ネオ、撮影_黑田菜月・編集部、構成_飯田ネオ
「オペン」で繋がるSNS

──あと、オペンなんですけど(笑)。InstagramTwitterで「オペン!」と言うのが開店の合言葉みたいになっていて。

(笑)。僕もいつからかちょっとわからないんですけど、なんか印象付けたくて。あんまりSNSとかやってると、その人の人間性とか出てきちゃうじゃないですか。お店のアカウントがつまんなくなっちゃうのは嫌だったし、どうせ自分の性格はバレるから、最初から出していこうと思って。そのきっかけですね。

いつしかのスタッフまかない。 軽くトラウマになりそうな盛り付けですね。 トマトが余ってしまって全部食べてもらった時のやつだね。 本人はかわいいって言ってましたけど、かわいい…くはないね。 あ、今週水曜日7日の夜営業はお休みさせていただきます。 なので水曜日は昼のみ営業します。 急なお知らせで申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。 さて、本日は私の週末。 乗り切ります。 寝技の格闘家みたいな背中の筋肉した(整骨院の先生談)店主が本日もオペンナップ!! lunch 12:00〜15:00 dinner 18:00〜21:00 (20:30 L.O) #藤原喜明

YOUNG 12/26夜営業〜1/4お休みさん(@young_cityboycurry)が投稿した写真 –

オープンていうのもあれだなと思ったのでオペンと言っただけなんですけど、滑ってるのはわかってるんですけど、もうクセみたいなもので。初めて会った方にも「オペンですよね?」って言われます。「いや僕は梶原ですけど」みたいな……。

──「オペンさん」みたいな感じで(笑)。

そういう認知のされ方は、狙ってたといえば狙っていたので(笑)。認知してくれればいいやって。SNSでいくらキリッとしても、嘘はつけないし、バレていくと思ったんですよね。

──でもローカル感があるというか、距離が近くなりますよね。

うん、フォローしていただいている方には身近に感じていただけたら嬉しいですね。

これからも自分らしく、淡々と

──1年経ってみて、いかがですか。

お休みの日以外は毎日店に立っているので、日々大変です(笑)。でもいろんな方に来ていただいて、紹介していただいて、すごく助かっています。たぶんSNSのおかげだと思いますけど。あとけっこう全国からいらっしゃる方も多くて、北海道の方がテイクアウトされたこともありました(笑)。海外のお客さんもなぜか多くなってきましたね。

──あとやっぱり、欧風カレーというのが個性的だったのかもしれないですね。東京だと最近スパイス系のカレーが増えている気がしますし。

ニッチなところでやれたのかもしれないですね。

──メニューの変化はありました?

基本は変わりませんけど、平日限定で牛すじカレーをやったり、たまにカツカレーを出したり……。あとデザートとして「scent」さんのプリンも登場しました。

「scent」のなおこさんが手がけるプリン。クリームたっぷり、ほどよい硬さがたまらない。(写真提供:YOUNG)

──あとカレーとは別ですが、Tシャツや靴下のオリジナルグッズも販売されるようになりましたよね。

あれはほんとに趣味っていうか、遊びですねえ。デザインは京都のデザイナーの三重野龍さん。京都の『VOU』というショップのオリジナルキャップをいただいたことがあって、そのデザインをしていたのが三重野さんだったんです。それでお願いして、Tシャツを作っていただきました。グッズ類はあくまで自分が欲しいものを作る感じですね。

おざす! まだまだ残暑厳しめざんしょ。 9月ぐらいまでTシャツの季節が続くと思い少し遅めのTシャツ作成!! 京都のvouさんのキャップなど関西でも活躍中の三重野龍さんデザイン!! これはありがたい?? ありがたい加齢Tシャツ予約受付中!! 【 HOME MADE YOUNG CLUB 】 「加齢YOUNG T」 ホワイト・グレー サイズ…S、M、L、XL 3700円(税込) Instagramで予約を受付けますので @kitaharakana 宛にメッセージをどうぞ〜 twitterは @young_cityboycurry までメッセージを! メッセージお待ちしておりまオペン! lunch 12:00〜15:00 dinner 18:00〜21:00 (20:30 L.O)

YOUNG 12/26夜営業〜1/4お休みさん(@young_cityboycurry)が投稿した写真 –

──これからこんなお店にしていこうという、抱負のようなものはありますか?

自分では「たかがカレー屋」という気持ちがあって、その精神は忘れないようにしようと思っています。普通に、淡々とやっていけばいきたいですね。

──梶原さん自身が地元の世田谷っ子というのが大きいのかもしれないですね。「下北で一旗あげるぞ!」「こういう風にしてやるんだ」っていう大きな野望というよりは、地に足を付けて地道にコツコツというか。

そうですね、特に大きなこだわりってないんですけど、あるとすれば自分らしくあること、自分に嘘をつかないでやること、ぐらいですかね。今こだわっていることも、1年後に変わっているかもしれないじゃないですか。そういう意味でも自分らしくあればいいのかなと思うんです。そして長くお店を続けていきたい、それだけですね。

Processed with VSCO with f2 preset

Processed with VSCO with f2 preset

1 2 3

関連記事

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP