logo_s

今日も店主はオペンと叫ぶ 代田5丁目の欧風カレー:〈YOUNG〉店主・梶原英徳インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
今日も店主はオペンと叫ぶ 代田5丁目の欧風カレー:〈YOUNG〉店主・梶原英徳インタビュー
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2016年12月29日
今日も店主はオペンと叫ぶ 代田5丁目の欧風カレー:〈YOUNG〉店主・梶原英徳インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インタビュー_武田俊・飯田ネオ、撮影_黑田菜月・編集部、構成_飯田ネオ

下北沢駅西口から少し離れた、代田の細い道にあるカレー店〈YOUNG〉。こっくりとした欧風カレーを主とするこの店は、2015年にオープンしてわずか1年という期間ながら、カルチャー誌やインターネットメディアで多く取り上げられ、東京のカレーを語るうえで欠かせない存在になった。カレー激戦区としても知られる下北沢にあって、下北沢を意識することはあまりないという店主の梶原英徳さん。場所に縛られない、新しい顔のカレー店を訪れた。

〈YOUNG〉入り口。

〈YOUNG〉入り口。

手前は野菜カレー、奥はビーフカレー。

手前は野菜カレー、奥はチキンカレー。

〈Cityboy Curry〉から〈YOUNG〉へ

──もともとは、サラリーマン時代のケータリング〈Cityboy Curry〉からカレーづくりをスタートされたんですよね。

はい。フェスや小さいお祭り、友達のお店なんかを3年ぐらいかけてゆっくり回っていた感じですかね。最初は好きで作っていたので、特にそれを生業にしようと思ってたわけじゃなかったんです。でも「手に職をつける」じゃないですけど、ケータリングをやってるうちに手応えを感じて、これは受けるなと。それで、どこかに属しているより自分でやってしまったほうが早いかなと思ったんです。

そんなとき西荻窪の喫茶店「WANDERUNG」に食事をやってくれないかって頼まれて、ちょっと楽しそうだなあと。それでオーナー3人で分担して食事部門、経理部門、運営部門を作って、僕はそこでカレーを出していたんです。

──その経験があって、自分でも店をやってみたいなと思われたんでしょうか。

逆かもしれないです。声を掛けてもらったことで、予行演習というか、お店を作るっていうのはどういうことなのかなっていうのを考えることができたんですよね。

店主の梶原英徳さん。千歳烏山出身の世田谷っ子。

店主の梶原英徳さん。千歳烏山出身の世田谷っ子。

──なるほど、もう店をやるということが早い段階で見えていたんですね。〈YOUNG〉をこの場所に選んだのはどういう理由からですか?

まず、僕は世田谷出身なんですね。世田谷の田舎の千歳烏山というところなんですけど、そもそも〈Cityboy Curry〉はそんな烏山の人間がシティボーイを名乗っているのがウケる、って感じだったんですよ。そしたら『POPEYE』さんがリニューアルされて、シティボーイっていうキーワードを大々的に打ち出すようになって恥ずかしかったんですけど(笑)。

──(笑)。

店は、最初から世田谷で探してたんです。一時「WANDERUNG」のあった西荻でも探してたんですけど、世田谷のほうが自分にフィットする気がして。世田谷線沿いとか、友だちが多くてみんながふらっと来てくれそうなところがいいなあと。

──当初はどの辺りに目を付けていたんですか?

松陰神社とか上町ですかね。下北は賃料が高いと思って考えてなかったんです。でもチャリでプラプラしてみたり、帰り道にふらっと下北に寄ったりした時に「あっ、ここ空いてるなあ」と。正面に小屋があるのを見て「お花屋さんと一緒にやったら面白そうだなあ」と思ったんです。

──お花屋さんの「Forager」さんがお店の手前にありますよね。

はい、フローリストのChi-koさんに「一緒にやりましょう」と声をかけました。ひとつのお店をシェアしているところって多いじゃないですか。花屋とカレー屋っていうのも意外と面白いのかなあって。

入り口手前の小屋には花屋がある。

入り口手前の小屋が花屋「Forager」。花の甘い香りが漂う。

──お互いのコミュニティを共有して、お客さんになってくれるというか。

はい。僕はそういうのがすごく大事だと思っていて、お店を見た時に一緒に楽しくやれそうな人っていうのがすぐ思いついたので、全部ががっちり来たというか。店内のお花は全部「Forager」さんのものです。

次のページ:20年後、自然に味が出る店に

1 2 3

関連記事

FEATURE

  • 〈フォトレポート〉第40回隅田川花火大会
    2017年7月31日
  • 無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a ...
    2017年7月14日
  • 六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBO...
    2017年6月8日
  • 〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社...
    2017年5月27日
  • 天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス...
    2017年5月1日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP