logo_s

〈フォトレポート〉第35回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
〈フォトレポート〉第35回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2016年8月30日
〈フォトレポート〉第35回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真_下屋敷和文、文_編集部

_DSC7846

_DSC7829

アンコールに応えて、結城家利若が再登場。白から黒へと着物を召し変えて、最後のひと音頭を熱く歌い上げた。ステージ前には観客が押し寄せ、厚い層をつくってその節回しに聞き入った。

_DSC5252

_DSC7977

_DSC5277

_DSC5285

_DSC7923

_DSC5209

_DSC5321

_DSC7895

会場のあちこちから「夏が終わったね」と声がする。終演と同時に提灯の撤去作業が始まり、ステージは解体されていく。明日になれば高架下の公園はいつもの姿に戻る。

錦糸町は大阪とは違い、夏になれば街のどこかで河内音頭をやるような土壌ではない。だから、あの踊りはこの会場でしか踊らない。会場に来れば自然と身体が思い出す、あの踊りとリズムに焦がれながら、次の夏が来るのをただ待つだけだ。

_DSC8021

_DSC8028

1 2 3 4

関連記事

FEATURE

  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日
  • 〈フォトレポート〉世界のアートブックが天王洲アイル...
    2017年10月7日
  • 吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカ...
    2017年9月29日
  • 〈フォトレポート〉第40回隅田川花火大会
    2017年8月1日
  • 無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a ...
    2017年7月14日

RANKING

  • no.1
    12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRasterの世界線 新...
  • no.2
    Kickstarterのメディアサイトが日本版スペシャルブックレットを...
  • no.3
    墨田区に9日間暮らして見えたものとは 墨田長屋で 「墨東日記 滞在報告...
  • no.4
    京島spiidで総勢30組以上のアーティストによるブックマーケット 開...
  • no.5
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
PAGE TOP