logo_s

〈フォトレポート〉第39回隅田川花火大会

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
〈フォトレポート〉第39回隅田川花火大会
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2016年7月31日
〈フォトレポート〉第39回隅田川花火大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真_下屋敷和文、文_編集部

毎年7月末に行われる下町の夏の風物詩、隅田川花火大会が今年も7月30日(土)に開催された。東京都知事選挙の影響で予備日がなくなり、悪天候での中止があやぶまれたが、当日は見事快晴となり、大会は滞りなく執り行われた。

TOwebでは以前、「路地裏鑑賞のススメ」として記事を掲載した。民家が立ち並ぶ街の中心で打ち上がる隅田川の花火の魅力は、花火そのものよりも、花火を取り巻く下町の人々にあるという、ひとつの楽しみ方の提案である。それにもとづき、隅田川花火大会の風景を撮影した。撮影場所は主に墨田区本所周辺。

Sumida-1

Sumida-2

Sumida-4

Sumida-5

清洲橋通りをはじめ、台東区、墨田区の当該区域は交通規制が行われ通行止めとなり、観覧用エリアは観客で混み合う。早々に陣取りできた人は、自宅からちゃぶ台や座布団を持って花火の開始を待つ。

Sumida-6

Sumida-7

Sumida-9

Sumida-11

Sumida-12

Sumida-16

Sumida-17

Sumida-24

Sumida-26

Sumida-20

会場はふたつあり、第一会場は桜橋と言問橋の間、第二会場は駒形橋と厩橋の間。第一会場は花火コンクールの200発を含む9,505発、第二会場は10,650発、合計20,155発が打ち上がる。それぞれ開始時間も異なり、第一会場のほうが19時5分からとすこし早い。終了時刻はどちらも20時30分と同時だ。第二会場付近の本所では、遠くに第一会場の花火の音を聴きながら開始を待つ。第一発目が上がると、たちまち拍手と歓声が湧く。

Sumida-22

Sumida-28

次のページ

1 2 3 4

関連記事

FEATURE

  • 今日も店主はオペンと叫ぶ 代田5丁目の欧風カレー:...
    2016年12月29日
  • 東京イチの危険地帯墨田区から考える東京の災害(後編...
    2016年9月1日
  • 〈フォトレポート〉第35回すみだ錦糸町河内音頭大盆...
    2016年8月30日
  • 西蒲田「第二日の出湯」がつなぐ、『ゴジラ』と『シン...
    2016年8月13日
  • 〈フォトレポート〉第39回隅田川花火大会
    2016年7月31日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによるレターセットも販売 ...
  • no.5
    岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“四十八手”をテーマに...
PAGE TOP