logo_s

名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新吉原〉デザイナー・岡野弥生インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新吉原〉デザイナー・岡野弥生インタビュー
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2016年6月4日
名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新吉原〉デザイナー・岡野弥生インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真_下屋敷和文、バナーデザイン_siun、取材・文_編集部
男の人の街・吉原と、
名前のない街・西浅草

──西浅草は吉原から少し離れますが、「お店は吉原で」という気持ちはなかったのでしょうか。

うーん、やっぱり吉原は駅から遠い。お客さんに来てもらうのに申し訳ないなって思ったんですね。それに、来てもらってもソープランドしかない。

何より、観光客の女の子が街を歩くのを見て、吉原のお店の人たちがどう思うかなというのもありました。お店から出てくる人と目が合って「アッ」ていうのも失礼というか……。やっぱり、吉原は男の人の街だから。

今は人力車も吉原神社まで行くコースを作っているので、多少はいいと思うんですけど、私がそこでお店をやるのはなんか違うかなと。

かつては浅草芝崎町という町名だった西浅草。

かつては浅草芝崎町という町名だった西浅草。

それよりはもうちょっと浅草寄りで、みんながアクセスしやすいところにしようと。でも浅草のド真ん中は嫌だし、“観音裏”とか“合羽橋”みたいな名前が付いているところも嫌だった。それで、そういった名前のない西浅草3丁目はすごくいいなと思ったんです。

──程よい距離感がちょうど良かったんですね。

吉原から自転車ですぐだし、すごく近いんですよ。母親もオープン前の今は毎日来てますね。「ねえ、掃除機持ってきてくれない?」って連絡して(笑)。

畳むのに少しコツがいる、はっぴ型手ぬぐい「吉原繋ぎ」。

畳むのに少しコツがいる、はっぴ型手ぬぐい「吉原繋ぎ」。

店の奥半分はアトリエとしても使用する。デスクの上には鷲神社のかっこめ熊手守り。

店の奥半分はアトリエとしても使用する。デスクの上には地元である鷲神社のかっこめ熊手守り。

ノベルティの〈新吉原〉マッチ。

ノベルティの〈新吉原〉マッチ。

──西浅草と吉原とでは街の雰囲気は変わりますか?

下町ってみんなこうなんだろうなって思いました。作業に入ってもらった大工さんが「すごく話しかけられる」って言うんですよね。確かに、ちょっとお店の外にいるだけで声をかけられる。

荷物を持って来ようと思って台車を引いていた時も、「あんたあそこの店の人でしょ!」っていきなり言われて。「なんで知ってるんですか?」って聞いたら「見かけたからよ。宣伝しておいてあげるわよ、何屋なの?」って(笑)。街の人たちは「あそこに何か出来てるな」ってざわざわしてるみたい。

──確かに浅草の人たちは気さくに話しかけてきますよね。一期一会の頻度が激しいというか……。

たまにちょっと話が長いよって思うこともあるけど、良く言えばフレンドリー?(笑) でも自分の地元だし、慣れてるし、こういう付き合いもいいのかなって思いますね。

「もうオープン? 早いねえ」とご近所のお店のマリさん。

「もうオープン? 早いねえ」とご近所のお店のマリさん。

 

次のページ:肩書は「土産商」 台東区へ訪れるきっかけを作りたい

1 2 3

関連記事

FEATURE

  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日
  • 〈フォトレポート〉世界のアートブックが天王洲アイル...
    2017年10月7日
  • 吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカ...
    2017年9月29日

RANKING

  • no.1
    タイの人気イラストレーター・タムくんによる ”マムアンちゃん”だらけの...
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    旅と街道がテーマの「KAIDO books & coffee」が北品川...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP