logo_s

東京でペットと逃げるには 「いっしょに逃げてもいいのかな?展」で学ぶ“同行避難”

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
東京でペットと逃げるには 「いっしょに逃げてもいいのかな?展」で学ぶ“同行避難”
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2016年5月17日
東京でペットと逃げるには 「いっしょに逃げてもいいのかな?展」で学ぶ“同行避難”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真_下屋敷和文、文_編集部
地方と違う都市の災害
東京で気をつけるべきこと

トークイベント終了後、平井さんに「東京で気をつけるべきこと」についてお話を伺った。短い時間ではあったが「東京での災害という点では、阪神淡路大震災のケースが参考になるのではないか」というアドバイスもいただくことができた。

──東日本大震災も、熊本地震も、地方での災害でした。特に東京において気をつけるべきことはどのような点だと考えられますか?

平井:たとえば犬の飼い方には地域性があります。田舎では犬を外に繋いで飼われることも多いと思いますが、都心の場合は屋内で飼われている方が多いですよね。外に長時間繋ぐ、という過ごし方をされていない方が多い。ですので、同行避難したあとで「犬を外に繋いで」ということに抵抗があったり、犬たちも綱がれて過ごすことに慣れていないことが考えられます。その場合、棲み分けをどう考えていくかっていうのは、都心と地方では異なる部分なのかなと思います。避難所で、「ペットと飼い主」、「飼っていない方」との居場所を分け、トラブルを防ぐために、先ほども申し上げたような「避難所への提案」というのを冷静に行っていく必要があるのかなと思いますね。

──ケースバイケースになることもあるかとは思いますが、避難所ごとに同行避難を受け入れているかどうか、というのは予めわかるものなのでしょうか。

平井:そうですね、それは自治体に問い合わせればわかると思います。中にはダメだという場所もあると思いますが、災害発生時の避難所の状況は、その時になってみないとわからないですよね。仮に同行避難がNGの場所にペットを連れてきた方がいたとしても、そういった方を危険な場所に帰すようなことがないように、避難所と飼い主さんたちとで話し合って「じゃあ居場所を分けましょう。動線をこう分けましょう」というような棲み分けを提案できるとよいですね。

──まずは提案をする、働きかけをする、ということが大切なんですね。ありがとうございました。

_DSC8608

いっしょに逃げてもいいのかな?

平井さんが訴えるのは、答えはひとつではないということ。そして刻一刻と変わっていく状況のなかで、その都度最適な答えを考え、周囲の人たちと協力し合うこと。災害が起こってから、ではなく、起こる前にできることがたくさんある。我が家オリジナルの防災対策のプランを検討しておくこともその一つ。災害が発生した時に、自分がどこの避難所に逃げればいいのかは自治体のホームページなどに情報が掲載されている。ペットを飼っている世帯では、まず同行避難について自分の自治体がどういう見解を持っているのか確認しておくとよいだろう。

災害はいつ起こるかわからない。明確な答えはないが、思考を止めず、考えながら答えを見つけていくしかない。そうすれば「一緒に逃げてもいいのかな?」の答えが自ずと見えてくるに違いない。

1 2 3 4 5

関連記事

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP