logo_s

東京でペットと逃げるには 「いっしょに逃げてもいいのかな?展」で学ぶ“同行避難”

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
東京でペットと逃げるには 「いっしょに逃げてもいいのかな?展」で学ぶ“同行避難”
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2016年5月17日
東京でペットと逃げるには 「いっしょに逃げてもいいのかな?展」で学ぶ“同行避難”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真_下屋敷和文、文_編集部
健康被害を防ぐため
いつも以上に気を配る

平井:あと考えておきたいのが、動物たちの健康被害です。発災直後は動物も必死で逃げようとします。倒壊した瓦礫から抜け出したり、倒れてきた建物から這って必死で出てくるわけです。特にネコの場合は、爪が剥がれる被害が多かったそうです。閉じ込められた場所から抜け出ようとして剥がれてしまったようです。

また、熊本では大きな余震がずっと続いています。人間であれば「これは余震で徐々におさまっていくはず」と予測できますが、動物にとってはパニックでしかありません。環境の急激な変化のなかでストレスになり、ごはんを食べない、水を飲まない、脱水症状がおこる、下痢してしまう、嘔吐をしてしまうという健康被害が出てしまいます。

飼い主の方々は、災害時にはとても忙しくなります。家を片付けに行かなくてはならない、役所にも行かなければいけない、職場にも顔を出さなければならない、という状況下で、ついつい見落としがちなペットの様子や食欲にはいつも以上に気を配る必要があります。普段よりもたくさん声をかけたり、撫でてあげたりと、できるだけスキンシップをはかっていただきたいなと思います。飼い主の気持ちが伝わることで、ペットも落ち着きを取り戻します。

_DSC8570

同行避難から仮設住宅へ
できるだけ一緒にいられる環境を

平井:避難の第一段階を経たあとは、仮設住宅などに場所を移していきます。私は、災害時の動物救護というのは、飼い主さんと動物さんを引き離すことではないと思うんですね。できるだけ一緒にいられるようにするには、どのような支援が必要かを考えていくべきだと思います。ですので、私たちは動物と人が一緒に住める仮設住宅を建てていただきたいと、関係各所に働きかけを行っています。被災された皆さんが「この子のために頑張れる」という環境を整えていくということが、人と動物の、災害を乗り切る力になるのかなと思います。

この企画は「一緒に逃げてもいいのかな?」という言葉をキーワードにスタートました。その疑問に対し「一緒に逃げてもいいんだよ」という答えを出しているのは、「何もかも用意されているから大丈夫なんだよ」ということではなく、「自分が何を準備しておき、どう避難するのか。避難先ではどんな問題が起こるのか、それをどう工夫して解決していくか」を考え、備えておくことが「一緒に逃げでもいいんだよ」という答えに繋がるように、という思いを込めたからなのです。

_DSC8600

 

次のページ:クリエイター4組による、ペットと災害を考えたプロダクト

1 2 3 4 5

関連記事

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP