logo_s

ライブサーキットフェス 「下北沢大興行」の成功が示したものとは何か

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
ライブサーキットフェス 「下北沢大興行」の成功が示したものとは何か
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2015年7月30日
ライブサーキットフェス 「下北沢大興行」の成功が示したものとは何か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
取材・文_九龍ジョー/写真_下屋敷和文/編集_川田洋平
観客

意外な芸人の一面に気づいたり、目当て以外の芸人を発掘できるのもフェスならでは。

お笑いは個々人の研澄まされた感性で勝負するもの

シモキタの街をお笑いが駆け巡った2日間、プロデューサーである片山氏は密かな目標を立てていたという。それは「走らないこと」。

「2日間の長丁場、慌ててもしゃあないじゃないですか。ま、ちょこっとだけ小走りしちゃいましたけど(笑)。やっぱり、それぞれ会場の空気がどうなってるか、気にはなりました。そもそもフェスとお笑いの相性も、どんなもんやろ? っていうのがあって。

音楽のことはあまりわからないですけど、フェスだと全体の一体感を楽しむというのもあると思うんですね。でもお笑いって、個々人の研ぎ澄まされた感性で勝負するものなんで、フェス的なものとのマッチングが気にはなってたんです。ぼくは、芸人が群れて何かをするってそんなにいいことじゃないと思うんですよ。たまには祭りがあってもいいけど、でも芸人がそういう生き物だっていうことは忘れんようにしないと」

フェスとお笑いの一筋縄ではいかない関係。シモキタとお笑いの関係がよりいっそう深まるにしたがい、この片山の視点はボディブローのように効いてくるような気がする。

「今回はいろんな事務所を巻き込みつつ、みんなでひとつのところに向っていくためのきっかけ作りが目的でもあって、そこは達成できたかなと。あとはもう芸人自身がどこまで自分の面白いと思っていることを表現できるか? でしょうね。テレビだと制約があって難しいことも、ライブだと剥き出しのまま表現できたりしますからね。

小劇場B1やしもきた空間リバティの小さいサイズだと、お客さんとの一体感もすごい。あの熱量が大切なんです。で、最後に打ち上げで美味いビールを飲めたら、なんでも楽しめるかなって(笑)」

シモキタとお笑いの蜜月はまだ始まったばかりだ。

1 2 3

関連記事

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP