logo_s

パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2015年7月22日
パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真_大志摩徹、鈴木渉、下屋敷和文/文_池田浩明/イラスト_ルーカス・D・マーカス/編集_川田洋平、飯田ネオ
パンの世界を変える
「世田谷発」の胎動

ネクストジェネレーションも胎動している。彼らの動向を見れば、次に日本のパンになにがやってくるのか、予見できるかもしれない。
パン屋のイートインスペースは単にパンを食べる場所であることを超え、くつろぎ、癒され、自分らしい時間を過ごす場所になっていくのかもしれない。

ニューウェーヴの盟主、豪徳寺ユヌクレ。独創的なパンを求めて、平日、休日を問わず行列が出来る人気店。

ニューウェーヴの盟主、ユヌクレ(豪徳寺)。独創的なパンを求めて、平日休日を問わず行列が出来る人気店。

人気を揺るぎないものにした「ユヌクレ」(豪徳寺)を訪れるとそのように感じる。水色に塗られた壁、シンプルなインテリア、大きく開いた窓から陽光が差し込む店内はとても居心地がよく、近年のカフェムーブメントの影響を強く感じる。パンもハイセンス。ブリジット・バルドーが名づけたとされる「トロペジェンヌ」を秀逸にアレンジ。ブリオッシュ生地にミルククリームと自家製ジャムをはさみ、甘さと酸味とフルーツの香りが絶妙に交錯する。

パン屋がただパン生地を作ることだけに秀でていればいい時代は徐々に過去になりつつある。パンはお菓子や料理やコーヒーなどといった他の飲食分野とクロスオーバーし、グルメでありエンターテイメントであることを求められつつある。
こうした店が、新しい「世田谷発」として、これからのパンの世界を変えていくことになるだろう。

1 2 3 4

関連記事

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    〈フォトレポート〉第40回隅田川花火大会
  • no.3
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.4
    東京で今できる防災とは? 『東京防災』電子書籍で無料配布スタート
  • no.5
    コミック・アブストラクション・ムーブメント最前線を体感する一夜 中目黒...
PAGE TOP