logo_s

脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:〈生ハムと焼うどん〉インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:〈生ハムと焼うどん〉インタビュー
FEATURE
東京で起こっているハイパーローカルな動向を独自取材し、特集形式でお届け。
2015年9月18日
脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:〈生ハムと焼うどん〉インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_宮内健、写真_三宅英正、編集_飯田ネオ
曲作りから運営まで、
自分たちですべてを手がける

──生うどんは、衣装作りやライブのブッキング、ネットでの告知、物販の制作も全部ふたりだけでやってるんですよね。今回の取材も、東さんとやり取りをして進めさせていただいて。

東:そうですね。中にはふたりの手だけでは足りない部分があるから、物販や動画の撮影とかは友だちが手伝ってくれたりもしてるんですけど、根本的な部分はふたりだけっていうのを崩さないようにしてて。まあそれは、ふたりとも事務所に所属してないからっていうのもありますね。

──事務所に所属しないことには、何か強い意志みたいなものがあるんですか?

東:うーん、事務所に入ったらやってくれるようなことは、今自分たちだけでもできてるから……。もし、「ウチに入ったら武道館でライブさせてあげるよ」とか「仕事がたくさんあるよ」とか、そういう部分があるなら別ですけど。入らなくても自分たちでできてるから入ってないだけなんですよね。

観客とステージが次第に一体となっていく、なんともいえないグルーヴ感。

観客とステージが次第に一体となっていく、なんともいえないグルーヴ感。

──曲も自分たちで作ってるんですよね?

東:はい。編曲だけ他の人にやってもらってるんですけど、作詞・作曲は今のところ私がやってます。パソコンの打ち込みとか覚えて、自分でアレンジもできるようになりたい!

──ライブでも盛り上がる『たまごかけごはん』は、どうやって作っていったんですか?

東:もともと、学校で生うどんとは別に組んでたバンドの曲だったんですよ。

──そうだったんですね!

東:授業の課題でバンドを組まなくちゃいけなくって。それもふたりで一緒に組んでたんです。オリジナル曲がないと出られないイベントがあったから、「じゃあ私が作るよ!」って初めて作ったのが『たまごかけごはん』。私、楽器も弾けないし音符も読めないから、アカペラで歌ったのをボイスメモで記録して、ピアノの先生にコードを付けてもらって。そこからバンドのメンバーに聴かせて、アレンジを付けてできた曲なんです。

──ちなみにバンドの時のパートは?

西井:ヒガシがボーカルで私がギター。私、ギターがすっごいヘタで不協和音ばっか出してたんですよ。みんなの足引っ張ってたよね(笑)。

東:ニシより下手な子もいたから大丈夫だよ(笑)。で、バンドもしばらくやってたんですけど、半年で解散しちゃって……。せっかくいい曲ができたのにもったいないし、アイドルっぽく編曲できそうだから、生うどんの曲にしようか?ってアレンジし直したんです。

──その『たまごかけごはん』もそうだし、「♪ついてる ついてる ツインテール~」っていうサビがめちゃくちゃキャッチーな『ツイテール』とか、生うどんの楽曲はどれもポップですごく耳馴染みがいいんですよね。

西井:耳に残りますよね。私、家でもたまに歌っちゃうもん。

東:たしかに耳に残りやすいフレーズっていうのは意識してるかも。私、きゃりーぱみゅぱみゅが好きなんですけど、きゃりーさんの曲も耳に残るじゃないですか? 思わず口ずさむようなメロディが好きだなって。一度聴いたら頭の中でループしちゃうようなメロディや歌詞っていうところは大事にしてますね。でも、まだ5曲しかないから、曲作りもがんばります! 最近はニシも曲作りにトライしてるし。

西井:うん、10月25日のワンマンライブまでに、もっと増やします!

 

次のページ:生うどんの真骨頂「寸劇」はこうして生まれる

1 2 3

FEATURE

  • コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
    2019年4月23日
  • “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優...
    2019年2月1日
  • シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”の...
    2017年12月25日
  • 京島でおそらく初(?)のブックマーケット 「Sum...
    2017年11月24日
  • もつ焼きの聖地にタワマンは必要か? 東京R不動産・...
    2017年11月3日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP