logo_s

芥川賞作家・又吉の担当編集者が集う「又吉直樹をめぐる編集者たち」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年9月18日 世田谷区
芥川賞作家・又吉の担当編集者が集う「又吉直樹をめぐる編集者たち」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

hibana

芥川賞を『火花』で受賞し、お茶の間にも作家として広く認知されたピース・又吉直樹。累計発行部数が239万部を越えており、村上龍『限りなく透明に近いブルー』、綿矢りさ『蹴りたい背中』を抜いて、芥川賞受賞作の単行本として歴代1位を記録した。そんな又吉の担当編集者3名が集まるトークイベントが、2015年9月18日(金)に下北沢の書店B&Bで開催される。

お笑い芸人・又吉直樹は、どのような階段を踏み作家としての現在の姿に近づいていったのか。その鍵を握っているが、『マンスリーよしもとPLUS』編集長としてエッセイ連載「東京百景」をスタートさせた森山裕之。2007年に雑誌『hon-nin』で原稿依頼をした九龍ジョー。そして、『火花』の担当編集者である浅井茉莉子という3名の編集者だ。

古くから彼の書き手としての才覚をキャッチし、同じ風景を見てきた3名の編集者が『火花』の誕生秘話やその評価、そしてそれぞれの思う編集者像について舞台裏の話を交え語り合う一夜となるようだ。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP