logo_s

変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介の新作個展が恵比寿のG/P galleryで開催中(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2018年4月27日〜2018年6月16日 渋谷区
変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介の新作個展が恵比寿のG/P galleryで開催中(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区恵比寿のG/P galleryにて、小山泰介の新作個展「TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS」が開催中。会期は2018年4月27日(金)から6月16日(土)まで。

『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS』より

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH(以下、TPR)は、小山氏と山峰潤也氏(水戸芸術館現代美術ギャラリー学芸員)が発起人となり、オリンピックを控えた東京の姿を多様な視点からリサーチ・作品化し、未来へ受け継ぐことを目的とした現代写真プロジェクト。本展ではその第一弾として、ロンドン、アムステルダムでの約4年の海外活動を経て昨年末に帰国した小山氏による、写真と映像を交えた新作インスタレーションが発表されている。

『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS』より

小山氏は2000年代初頭より東京をフィールドに撮影し、2008年には、都市の表層を有機的に変化する現象としてアプローチを試みた写真集「entropix」を発表。また、都内各所で虹色の広告ポスターを接写した「Rainbow Form」を発表し、同シリーズを元に2016年までに5つのバリエーション作品として派生させた「Rainbow Variations」は、写真の本質である複製・反覆の可能性、デジタル・イメージの流動性を強く追求した小山氏の代表シリーズとして知られている。

『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS』より

本展の新作インスタレーションも、小山氏が東京を新たにフィールドリサーチし制作したもの。東京を撮影した写真のオリジナルデータを全て消去し、データ復旧ソフトによって復元した際に発生したエラーイメージによる作品をはじめ、プロジェクションで投影されたイメージと投影先のテクスチャーとが引き起こす知覚的不一致にフォーカスした作品など、小山氏の新たな視点を観ることができる。ぜひこの機会に足を運んでみてほしい。

関連記事

EVENT

  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日
  • “颯爽と都会を生きる女性たち”をテーマにファッショ...
    2018年9月21日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーが手掛けるシリーズ...
    2018年9月5日

RANKING

  • no.1
    上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE HANDS」が開催!...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP