logo_s

グランプリは誰の手に? ファイナリスト6名による個展開催 第18回グラフィック「1_WALL」展(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2018年2月20日〜2018年3月16日 中央区
グランプリは誰の手に? ファイナリスト6名による個展開催 第18回グラフィック「1_WALL」展(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中央区銀座のガーディアン・ガーデンで、第18回グラフィック「1_WALL」展が開催される。会期は2018年2月20日(火)から3月16日(金)まで。

第18回グラフィック「1_WALL」展 キービジュアル

「1_WALL」展とは、ガーディアン・ガーデンが開催する個展開催の権利をかけた公募展。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展となっている。

今回の「1_WALL」の出展者は、“今見ているもの”をトレースして作品を制作する河村真奈美氏、1960-70年代のおもちゃの世界観を独自のイラストレーションで展開する清水氏、ロバが主人公の絵本を描き、絵と本の構造を考える中田こぶし氏、ネットで収集した画像を仮想空間で彫刻をつくるように組み立て作品をつくる平田尚也氏、自作の詩とグラフィックの世界を融合させた福西想人氏、カラフルな色で女の子のキャラクターを描くモニョチタポミチの6名。

©河村真奈美

©清水

©中田こぶし

©平田尚也

©福西想人

©モニョチタポミチ

会期中の2月27日(火)には、一般見学者にも公開される最終審査会を開催する。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経てグランプリを決定し、グランプリ受賞者には1年後の個展開催の権利と、個展制作費20万円が贈られる。

審査員にはアートディレクターの川上恵莉子氏、グラフィックデザイナーの菊地敦己氏、イラストレーターの白根ゆたんぽ氏、大日本タイポ組合、イラストレーターの都築潤氏が名を連ねる。

関連記事

EVENT

  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日
  • 生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林...
    2018年5月24日
  • 世界の注目を集めるペイントアーティスト・チョーヒカ...
    2018年5月21日
  • 変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介...
    2018年5月18日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    旅と街道がテーマの「KAIDO books & coffee」が北品川...
PAGE TOP