logo_s

写真家・池田宏が迫る、現代のアイヌの記録 狩りの風景を通じて日本人の在り方を問う スタジオ35分「SIRARIKA」(中野区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2018年1月10日〜2018年1月27日 中野区
写真家・池田宏が迫る、現代のアイヌの記録 狩りの風景を通じて日本人の在り方を問う スタジオ35分「SIRARIKA」(中野区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中野区上高田のスタジオ35分で、写真家・池田宏氏の個展「SIRARIKA」が開催されている。会期は2018年1月10日(水)から1月27日(土)まで。

「SIRARIKA」キービジュアル

池田宏氏は、長年にわたり北海道に通い続け、アイヌ民族をテーマに撮影を行う写真家。いわゆるステレオティピカルなアイヌ像を撮影するのではなく、現代を生きるアイヌの人々のリアルに迫って、一人一人と信頼関係を築きながら撮影を進めている。“和人”(アイヌ以外の日本人)である池田氏が撮る写真の背後には様々な出来事や物語があり、アイヌの事はもちろん日本人の在り方も問うている。

©池田宏

本展では、2017年11月に池田氏がアイヌで撮影した、狩りを現場を写した作品を展示する。

北海道東部の太平洋岸に沿った町、白糠(しらぬか)。町名はアイヌ語のその地の方言「SIRARIKA」に由来し、「磯を波が越える」という意味だといわれる。2008年からアイヌの撮影を続けていくなか、この町でふたりの男に出会った。天内重樹と江刺家勝。彼らは幼なじみで、ともにアイヌの血を引き、狩りを行なっている。天内はアイヌの伝統漁具「マレク」を手に川で。江刺家はプロハンターとして「ライフル」を手に山で。これらの写真は2017年11月22日から27日まで撮影したアイヌの狩りの記録である。(「SIRARIKA」DMより)

また、会期中1月20日(土)と1月27日(土)には、野性の鹿肉と鮭をバーで提供する。

関連記事

EVENT

  • 現代版もんぺを通して墨田区と筑後地方の仕事を知る ...
    2018年4月18日
  • テンテンコやカクバリズムが参加するフリマも 下北沢...
    2018年4月16日
  • 丸の内KITTE内のブックカフェ「マルノウチリーデ...
    2018年4月13日
  • KOHH、大森靖子、Awesome City Cl...
    2018年4月9日
  • 今注目の女性クリエイターたちが集まる「GIRLS超...
    2018年4月3日

RANKING

  • no.1
    丸の内KITTE内のブックカフェ「マルノウチリーディングスタイル」で新...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
PAGE TOP