logo_s

現代美術アーティスト加賀美健が取り憑かれたように集めた“ある物”とは? 「の展」「ぺ展」から続く新作個展 VOILLD「加賀美健の そ展」(目黒区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2018年1月26日〜2018年2月4日 目黒区
現代美術アーティスト加賀美健が取り憑かれたように集めた“ある物”とは? 「の展」「ぺ展」から続く新作個展 VOILLD「加賀美健の そ展」(目黒区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

目黒区青葉台のVOILLDで「加賀美健の そ展」が開催される。会期は2018年1月26日(金)から2月4日(日)まで。

「加賀美健の そ展」キービジュアル

ドローイングやスカルプチャー、パフォーマンスまで、様々な表現形態を持つ、現代美術アーティストの加賀美健氏。〈YAECA〉や「SHIPS」といった、アパレルブランド・ショップとのコラボレーションも数多く手がけるほか、代官山に、自身の作品や、古着や雑貨をセレクトしたショップ「STRANGE STORE(ストレンジストア)」を構えている。

本展では、加賀美氏がある事をきっかけに、長年にわたって取り憑かれたように収集してきた“ある物”を展示する。

気づけばその「ある物」は膨大な量となって、ストレンジストアの一角で息をひそめていました。今となっては滅多にお目にかかることのできない、しかしながら多くの人々の記憶の片隅には残っている、貴重なその「ある物」を、こっそりとお披露目いたします。加賀美健を夢中にさせた「ある物」とは一体なんなのか?「そ」とは何を意味しているのか?会場にてすべての謎が解かれます。(プレスリリースより)

過去には、2015年に「の展」、そして2017年に「ぺ展」を開催してきた加賀美氏。次なる「そ」の正体とは、一体何なのだろうか。

2015年に開催された「の展」の展示風景。

2017年に開催された「ぺ展」の展示風景。

また、会期初日の1月26日(金)にはオープニングレセプションを行い、そのなかで平山昌尚氏、とんだ林蘭氏を迎えた、3名によるトークショー「加賀美健 平山昌尚 とんだ林蘭による三角関係トークショー 酒持ってこ〜い 2018」を開催する。

加賀美健氏。

平山昌尚氏。

とんだ林蘭氏。

関連記事

EVENT

  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日
  • 生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林...
    2018年5月24日
  • 世界の注目を集めるペイントアーティスト・チョーヒカ...
    2018年5月21日
  • 変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介...
    2018年5月18日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    旅と街道がテーマの「KAIDO books & coffee」が北品川...
PAGE TOP