logo_s

WOMAN、双子、ドッペルゲンガー、分身など、“W”をテーマにした新作を展示 ハシヅメユウヤ個展「W」展(目黒区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2018年1月11日〜2018年1月21日 目黒区
WOMAN、双子、ドッペルゲンガー、分身など、“W”をテーマにした新作を展示 ハシヅメユウヤ個展「W」展(目黒区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

目黒区青葉台のTHE WORKSで、ハシヅメユウヤ氏の個展「W」展が開催されている。会期は、2階での展示が2018年1月11日(木)から1月14日(日)まで。その後は1階カフェに一部作品を移動し、1月21日(日)まで開催される。

「W」展キービジュアル

会場のTHE WORKS。

2013年からイラストレーターとして活動を始め、「ヘンナーベンダー- 人力顔面絵描販売機-」や「変植物ハンター」など、オリジナリティ溢れるアプローチで活動を行ってきたハシヅメユウヤ氏。2017年には、涙を流す女の子を描いた作品「eyewater」を描き、東京をはじめ全国で個展を開催した。

本展は、その「eyewater」展の流れを組む、2018年初の個展。テーマを「W」とし、WOMAN、双子、ドッペルゲンガー、分身など、あらゆるWに由来した作品を展開する。会場内に展示されている「eyewater」は、2018年版にアップデートされたもの。

また、「eyewater」モチーフの九谷焼なども販売されている。

関連記事

EVENT

  • WOMAN、双子、ドッペルゲンガー、分身など、“W...
    2018年1月12日
  • 写真家・鈴木理策のシリーズ「水鏡」をオリジナルプリ...
    2018年1月9日
  • ブリンク外苑前で〈新吉原〉のポップアップイベント「...
    2018年1月5日
  • ペインターnorahiが古着に描く伝説のアーティス...
    2017年12月27日
  • “日常に台湾を”がテーマのカフェ&ギャラ...
    2017年12月27日

RANKING

  • no.1
    「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
  • no.2
    2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・穴八幡宮で「一陽来復...
  • no.3
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP