logo_s

ブリンク外苑前で〈新吉原〉のポップアップイベント「お艶賀 2018」開催 コラボアイテム「色眼鏡拭き」のほかオリジナルアイテム販売も(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2018年1月5日〜2018年1月21日 台東区
ブリンク外苑前で〈新吉原〉のポップアップイベント「お艶賀 2018」開催 コラボアイテム「色眼鏡拭き」のほかオリジナルアイテム販売も(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

港区南青山のブリンク外苑前で、〈新吉原〉のポップアップイベント「お艶賀 2018(おえんが 2018)」が開催される。会期は2018年1月5日(金)から1月21日(日)まで。

「お艶賀 2018(おえんが 2018)」キービジュアル

ブリンク(blinc)は、1940年に神田で創業した眼鏡店「荒岡眼鏡」から誕生したアイウエアショップ。2001年にオープンしたブリンク外苑前と、2008年にオープンした表参道のブリンク・ベース(blinc vase)の店舗を展開し、〈Selima Optique〉や〈CUTLER AND GROSS〉といった海外のアイウエアから、〈ayame〉のような気鋭のドメスティックブランド、そしてプロダクトデザイナーの二俣公一氏を迎えて制作されたオリジナルアイウエア〈Elder_ARAOKAGANKYO〉まで、良質なアイテムを取り揃えている。

今回、ブリンク外苑前で行われる「お艶賀 2018(おえんが 2018)」では、西浅草の岡野弥生商店が展開する土産物ブランド〈新吉原〉の限定ポップアップイベントを行う。コラボレーションアイテムとして、〈新吉原〉ならではの遊女の姿が描かれたメガネ拭き「色眼鏡拭き」を発売するほか、〈新吉原〉オリジナルアイテムも販売するという。

「色眼鏡拭き」(サイズ:140×300mm、価格:1,296円 税込み、販売店舗:ブリンク外苑前、ブリンク ベース、岡野弥生商店)

妖しい影が揺らぐ、ふすまの向こうに視力検査表。ランドルト環が変わった形に……。

今回のコラボレーションは、岡野氏、ブリンク外苑前のディレクター・荒岡俊行がともに東京都台東区で生まれ育ち、80年代から現在にかけての街の変遷、風情に関して話していく中で意気投合したのがきっかけです。

ブリンク外苑前で開催されるポップアップイベント『お艶賀 2018』では、「色眼鏡拭き」をはじめ、新吉原のオリジナルアイテムが店頭に並びます。

「我々は1940年4月に神田で創業し、長年御徒町で店舗を運営してきました。岡野弥生商店、荒岡眼鏡、ともに下町にルーツがある両者がタッグを組み、新年のはじまりを原点に立ち返りながら、人情味溢れる接客でお客さまをお迎えしたいと思います」とは荒岡俊行の弁。(公式サイトより)

なお、コラボアイテムの「色眼鏡拭き」は、ブリンク・ベース(港区北青山3-5-16)、岡野弥生商店(台東区西浅草3-27-10)、新吉原webshop(shin-yoshiwara.stores.jp)でも同時発売される。発売開始は1月5日(金)12時から。

関連記事

EVENT

  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日
  • 生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林...
    2018年5月24日
  • 世界の注目を集めるペイントアーティスト・チョーヒカ...
    2018年5月21日
  • 変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介...
    2018年5月18日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”のカタチとは リニュー...
  • no.4
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.5
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
PAGE TOP