logo_s

本屋B&Bで石井光太×川名壮志トークイベント「少年事件を報じるということ」開催 『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―』刊行記念(世田谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2018年1月13日 世田谷区
本屋B&Bで石井光太×川名壮志トークイベント「少年事件を報じるということ」開催 『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―』刊行記念(世田谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

世田谷区北沢の本屋B&Bで、ノンフィクション作家・石井光太氏と毎日新聞記者の川名壮志氏によるトークイベント「少年事件を報じるということ」が開催される。日程は2018年1月13日(土)。

『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―』(双葉社)書影

これまで、国内外の貧困、災害、事件などをテーマに取材、執筆活動を行い、現場を丹念に取材したルポルタージュを発表してきた石井氏。スラムや路上に住む人々を取材した『絶対貧困』(新潮文庫)や、東日本大震災直後の遺体安置所を巡った『遺体』(同)など、多くの著書を残している。事件ルポとしては、2016年に虐待事件を扱った『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』(新潮社)を刊行している。

そんな氏の最新作が、12月15日に発売された『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―』(双葉社)で、これが氏による初の少年事件ルポルタージュとなる。タイトルのとおり、本書が伝えるのは2015年2月20日に発生した、川崎中1男子生徒殺害事件だ。被害者は13歳の少年で、そして逮捕されたのもまた未成年の、17歳、18歳の未成年の3人だった。遺体には43ヶ所におよぶ傷があり、少年たちが「川崎国」という単語を用いていたことからも、社会に大きな衝撃を与えた事件である。

石井氏は、公判で明らかにされた事件経緯、被害者・加害者の生い立ち、事件報道とその狂騒が浮き彫りにした日本社会、事件現場の河川敷を訪れた1万人近くの献花・ボランティアの方々の「善意」、同じグループに所属していた少年たちの証言などから、事件を改めて捉え直した。

本イベントは、同書の刊行を記念して行われるもの。佐世保小6同級生殺害事件を追った『謝るなら、いつでもおいで』(集英社)の著者であり、毎日新聞記者でもある川名壮志氏を招き、石井氏とともにトークを行う。

どうして事件は起こったのか。少年たちを事件に駆り立てたものはなんだったのか。そして報道の姿勢はどうあるべきか、など、ふたりの視点で少年事件を語る貴重な120分。気になる方は公式サイトから早めにご予約を。会場は本屋B&B新店舗となる。

関連記事

EVENT

  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日
  • “颯爽と都会を生きる女性たち”をテーマにファッショ...
    2018年9月21日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーが手掛けるシリーズ...
    2018年9月5日

RANKING

  • no.1
    上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE HANDS」が開催!...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP