logo_s

1980年代後半から1990年代のバブル期を彩った豪華絢爛な和食器が蘇る PASS THE BATONで「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年12月28日〜2018年1月21日 渋谷区
1980年代後半から1990年代のバブル期を彩った豪華絢爛な和食器が蘇る PASS THE BATONで「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前のPASS THE BATONで「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」が開催される。会期は2017年12月28日(木)〜2018年1月21日(日)。

「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」キービジュアル

有田焼をはじめ、波佐見焼や有田焼といった陶磁器の窯元を抱える九州・ 肥前地区。地区。約400年の歴史を誇るこの地域では、今なお多くの窯元が、陶磁器の製造販売を行っている。

長崎県波佐見を拠点に陶磁器を扱う「西海陶器」は、陶磁器製品の卸販売を始め、加工業、輸出入業、日用品雑貨及びインテリア用品の販売までを行っている創業60年の企業だ。今回はその倉庫に眠っていた、1980年代後半から1990年代に生産された有田焼、波佐見焼の和食器をメインに、デッドストック品を蔵出しし、陶器市を開催する。

1980年代後半は、日本経済のバブル期であり、肥前地区の磁器が海外や全国に流通した最盛期でもあった。この最盛をもの語る華やかな絵付や金彩、近年なくなりつつある網目加工などの技術を駆使した、上質で豪華絢爛な和食器がPASS THE BATON GALLERYに並ぶ。

その多くが日本料理や割烹料理などの業務用として流通していた陶器で、個人では入手することが難しかったものばかりだという。現在では生産体制、技術、コストなどあらゆる面で再生産ができない現品限りの貴重なラインナップが手に入る。

関連記事

EVENT

  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日
  • 生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林...
    2018年5月24日
  • 世界の注目を集めるペイントアーティスト・チョーヒカ...
    2018年5月21日
  • 変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介...
    2018年5月18日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”のカタチとは リニュー...
  • no.4
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.5
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
PAGE TOP